疑われるかな?「前好きだった人」を結婚式に呼ぶのはアリ?ナシ?

拡大画像を見る


好きだった人でも、いまだに友達として付き合っていると結婚式に呼べる程度の間柄ということもあるでしょう。ですが、実際に結婚式に呼ぶのは賛否両論あります。本人と夫となる人が納得していても、周りの親族の目もあるでしょう。では、好きだった人を結婚式に呼ぶのはアリかナシか、状況に応じて考えてみましょう。


友達グループ内なら不自然ではない

たとえば同じ「好きだった」という状況でも、「夫となる人の前に付き合っていた」パターンと「中学の頃に少し好きだった」というパターンでは状況が全く違います。昔からの付き合いで、友達グループが既に出来上がっているのなら、呼んでも不自然ではないでしょう。ただし、会社の同期のように友達グループでも、最近まで付き合っていた相手なら呼んだ時に微妙な空気になりかねないので、相手に事情を話して招待を取りやめるのがおすすめです。


男性一人だと違和感ありまくり!

友達グループやサークル仲間で呼ぶ場合でも、男性が一人しかいないと違和感があります。何人かの男友達に声をかけても都合が悪くて断られて、新婦の招待客の中に好きだった人が男性として一人で出席するとなると、明らかに不自然でしょう。その場合も、招待は避けるようにしましょう。そのため、好きだった人に結婚式の話をするのは最後の方にするのがおすすめです。


未練が少しでもあるならやめよう

呼ぶのに不自然さがない状況でも、心の中に少しでも未練が残っているのであれば呼ぶべきではありません。結婚式は単なるイベントではなく、夫となる人と一緒に過ごしていくための誓いの日です。その時に雑念が入るような人を呼ぶと、後々のトラブルになりかねません。どんなに仲良しでも、未練がある人は呼ばないようにしましょう。


結婚式は未来への儀式!過去にとらわれすぎないようにしよう

今後、夫婦として生きていく二人をお披露目するのが結婚式です。そのため「好きだった人を呼びたい」と悩むこと自体が、そもそもふさわしくはありません。相手との関係性だけではなく、共通の友達を含めた関係を考えて、呼ぶべきかどうかは周りの目も意識しながら決めるようにしましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/19 11:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます