どうしても来てほしい!「好きだった人」を結婚式に呼ぶ方法は?

拡大画像を見る

好きだった人に、人生の中で自分が一番綺麗だと言われる姿を見てほしいと思うのは、ある意味当然の気持ちかもしれません。既に未練はなく相手から誘われても絶対に応じないと決めているような場合でも、なんとなく綺麗な姿を見て自分の出発を見守ってほしいと感じる人は多いでしょう。
ですが、男性一人だけを新婦の友達として呼ぶのは不自然さがありますし、好きだった人があなたの気持ちを知っている場合は参加を辞退される場合もあります。そうした中でも好きだった人を結婚式に呼びたいなら、どうすれば良いのでしょうか。


共通の友達でカモフラージュ

「あなたに結婚式に来てほしい」と言って誘うと、どんなに未練がなくても相手に断られる可能性は高いでしょう。おすすめは、共通の友達を交えて呼ぶことです。「高校の時の部活の仲間で一つのテーブルにまとめたいから、みんな来て~」のようにフランクに誘うことで、他意があるとは思われません。男女比も半々くらいなら、さらに自然に呼ぶことができるでしょう。


未練がないことをアピール

相手があなたの気持ちを知っていて「俺は行かない方が良いんじゃないかな」と断ることもあります。その時は、未練がちっともないことをアピールして来てもらうのもおすすめです。しかし、ここで嘘をついて呼ぶのはおすすめできません。もし少しでも未練があるのなら、その人にはもちろん夫となる人への大きな裏切りとなってしまいます。未練がある場合は、どんなに好きだった人でも呼ぶのは絶対に諦めましょう。


受付をお願いするのもおすすめ

何か役目をお願いすることで、結婚式への出席と断りづらくさせる方法もあります。たとえば、受付は新郎新婦それぞれ二人ずつお願いすることも多いため、受付を男女各一人ずつとしてお願いしましょう。そうすれば相手は断りづらくなります。ただし、異性の友達のため、スピーチやお色直しの退場の際のエスコートは頼まない方が良いでしょう。新郎の親戚から、悪いイメージを持たれる恐れがあるので頼むとしても受付までにしておくのがおすすめです。


好きだった人に綺麗な姿を見てほしいのは女心かも?

今は既に未練はなくても、好きだった人に綺麗な姿を見てほしいと思うのが女心です。未練がないなら、思い切って好きだった人を招待してみても良いのではないでしょうか。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/19 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます