やりすぎもNG?!「ママ友に助けてもらった時」は、こう感謝するのが吉!

あなたが困っているときに、ママ友が助けてくれれば嬉しいですよね。
なにかお礼をして感謝を伝えたいと思うところですが、やりすぎもNG。

ほどよい感謝の仕方が吉となります!

(1)きちんと言葉で感謝の気持ちを伝える


ママ友に助けてもらったら、まずはきちんと感謝の気持ちを伝えましょう。
「今日は本当に助かったわ!ありがとう♡」と、心からのお礼と感謝を伝えます。

ママ友との良好な関係性を築くには、ママ友に頼って甘えてばかりではだめですよ。
あなたもママ友が困っているときは、率先して助けてあげてくださいね。

(2)お礼の言葉とちょっとした品物を


ママ友が助けてくれた内容によっては、お礼の言葉だけでは足りないと感じることがありますよね。
例えば、子どもを連れて行けない急な用事が入って、ママ友宅で子どもを見てもらう場合など。

大変な子どもの世話を快く引き受けてくれたとあれば、お礼の言葉だけでは足りません。
お菓子の詰め合わせなどの、ちょっとしたお礼の品物を渡すようにしましょう。

(3)すすんでママ友の助けになる


ママ友に助けてもらったら、お礼を言って「私にもできることがあれば頼ってね!」と伝えましょう。
社交辞令ではなく本心で伝え、ママ友のピンチ時はすすんで助けになりましょう。

そうすることで、ママ友との絆はさらに深くなります。
ピンチのときに、心から助けたいと思ってくれるママ友がいるのは、非常に心強いことです。

(4)ランチをご馳走する


ママ友のおうちで子どもを遊ばせてくれたり、晩ご飯を用意してくれたり……。
なんだかお世話になりっぱなしで、申し訳ない気持ちになりますよね。

そんなときは、「今度ランチをご馳走させて!子どもたちと4人でいかない?」とお誘いしましょう。
あなたがそんな風に気を遣える素敵な人であれば、ママ友はまた困ったときは助けたいと思うはずです。


ママ友に助けてもらったときの感謝の仕方は、難しいですよね。
やりすぎると相手に気を遣わせるし、足りなかったら不満を抱かせてしまいます。

この記事を読んで、ママ友へのほどよい感謝の仕方をマスターしましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/18 19:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます