インテル、ラウタロとの契約延長に近づく…年俸約7.7億円の5年契約オファーか

拡大画像を見る

 インテルは、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスとの契約延長に近づいているようだ。18日、イタリアメディア『スカイスポーツ』などが報じた。

 現行契約が2023年6月30日までとなっているなか、インテルとL・マルティネスの代理人は18日、ミラノで話し合いの場を設けたという。両者ともに長期契約を結びたいという共通認識を持っており、インテルは契約延長への好感触を得ることができたようだ。

 報道によると、インテルは年俸600万ユーロ(約7億7000万円)、2026年6月30日までの5年契約を提示した模様。L・マルティネスが要求するとされる年俸700万ユーロ(約9億円)にはまだ若干の隔たりがあるものの、ボーナスなども契約におり混ぜ、数日中に両者は合意に至るだろうと予想されている。

 現在23歳のL・マルティネスは2018年7月に母国のラシン・クラブからインテルに加入。これまで公式戦通算132試合に出場し、49ゴール20アシストを記録している。L・マルティネスにはトッテナムやアトレティコ・マドリードなどが関心を示していたが、インテルとの契約延長で同選手の去就は決着することになるのだろうか。

関連リンク

  • 8/18 23:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます