「違うんだよなぁ…」全男がNGの【スキンシップのタイミング】4つ

拡大画像を見る


男性には、スキンシップを求められて嫌なタイミングがあるようです。そこで今回は、全男がNGの「スキンシップのタイミング」を4つご紹介!
「イチャイチャしたい」と思っていても、このタイミングだけは避けておきましょう。


周囲に人がいるとき

周囲に人がいるとき、男性はスキンシップを取りたくないと思っているもの。
いくら大好きな女性が相手でも、「恥ずかしい」「人目が気になる」と感じるからでしょう。
とくに男性は自分の家族や友人など、親しい人の前でのスキンシップを嫌がります。家族や友人にもよい印象は与えませんから、人前で求めるのは避けてくださいね!


体調不良のとき

体調が悪くても「好きな女性に会いたい」と思う男性は多いです。
中には「看病してもらいたい」と考える人もいるため、一緒に過ごすこと自体は悪くありません。
ですが、そこでスキンシップを求められると男性は「勘弁して…」と思うようです。
彼に無理をさせれば体調が悪化する可能性もありますから、スキンシップは遠慮しておきましょう。


落ち込んでいるとき

仕事で大きなミスをしたり、友達とケンカしたりしたときは男性も落ち込むもの。
そのタイミングで女性からスキンシップを求められると「あとにして…」「空気読んで…」と感じるようです。
あなたが彼女なら、彼の落ち込んでいる様子はわかるはず。そんなときはスキンシップを求めるのではなく、励ましたり話を聞いたりしましょう。


気持ちが冷めているとき

男性の気持ちが冷めているときも、スキンシップを求めるのはNGです。例えば、ケンカをしている最中。
あるいは、彼があなたに対して不満を持っているときなどですね。
このようなときに女性からスキンシップを求められても「やめて」「あり得ない」と感じるようです。

こうしたタイミングでスキンシップを求めても、彼に応えてもらえないでしょう。そうなれば、きっとあなたも「つらい」「嫌がられてる」と感じるはず。
ですから、彼にとってもあなたにとっても、これらのタイミングでは求めないのが無難です。

関連リンク

  • 8/18 20:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます