「甘え上手で可愛い♡」そんな彼と付き合う際の注意点は?

拡大画像を見る

年下の彼や末っ子気質の彼など、甘え上手な彼と付き合っていると、普段から彼の可愛さに癒されることも多いでしょう。甘え上手な性格が可愛くて、どんどん彼に尽くして彼を甘えさせたくなるという人もいるかもしれません。しかしながら、いくら可愛くても甘えさせすぎることでお互いにとって良くない付き合いになってしまう恐れがあります。どんなことに注意して付き合うべきなのか、チェックしてみましょう。


公共の場では甘えさせない

普段からお互いにとって「甘える」という行為が普通のことになると、人目を気にせず甘えてしまう恐れがあります。自分で想像すれば分かる通り、良い年齢のカップルが人前で甘えあっていると周りの人をイライラさせてしまいます。共通の友達に見られることで「公共の場でイチャつく変な二人」と引かれるリスクもあります。どんなに甘え上手な彼でも、公共の場では甘えさせないようにしましょう。


尽くしすぎないように注意

彼が甘え上手だと、彼のお願いは全部聞いてあげたくなるかもしれません。しかし尽くしすぎてしまうと、彼にとって都合の良い女になってしまう恐れがあります。彼女は母親ではないので、彼の希望を全て叶える必要はありません。尽くすことと甘やかすことは違うことをしっかり意識しましょう。


たまには自分も甘えて!

甘え上手な彼と付き合っていると「彼=甘える方、彼女=甘えさせる方」のような役割分担ができてしまうこともあります。しかし、甘えさせてばかりだとあなた自身が疲れてしまうこともあるのではないでしょうか。どんなに可愛い彼で相手が年下であっても、常に甘えられていると疲れてしまうのも当然のことです。疲れた時や辛いことがあった時、誰かに慰めてほしい時には、遠慮せずに自分から甘えても良いんですよ、頑張りすぎずに彼と付き合っていきましょう。


可愛い彼氏は二人きりの時に甘やかしてあげよう!

彼氏が可愛いタイプの男性だと、いつでもどこでも甘やかしたくなるかもしれません。しかし、公共の場などお互いに甘えるのがふさわしくない状況もあります。そういうところでは節度を持ちつつ、お互いに負担にならないように甘えあいながら付き合っていきましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/18 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます