映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』新メンバーリバティ役・安倍なつみさんが語るアフレコ裏話!

拡大画像を見る

8月20日公開の映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』で<パウ・パトロール>の新メンバー、ダックスフンドのリバティ役を演じる安倍なつみさん。子どもと一緒にTVシリーズを楽しんでいるという「パウ・パトロール」ファンの安倍さんに、映画版の見どころやママ目線でのおすすめポイント、アフレコ裏話などを伺いました。

映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』

©︎ 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

主人公でリーダーのケントと、個性豊かな子犬たちからなるチーム<パウ・パトロール>たちが“パウジョンアップ”して、スクリーンで大活躍! 舞台はパウ・パトロールの仲間たちが住むアドベンチャーベイから大都会のアドベンチャーシティへ! おなじみの人気キャラクターたちはもちろん、アドベンチャーシティに住むダックスフンドの”リバティ”が新メンバーとして登場! モフモフでキュートな子犬たちが、困った人々を助けるため、パウっと出動! それぞれの特技を活かし、新たに登場する最新ガジェットと共に、力を合わせて今までに体験したことのないトラブルに立ち向かいます!

TVシリーズファンの安倍さんお気に入りのキャラクターは?

©︎ 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

ーー 世界的に人気の作品への出演が決まったときの気持ちを教えてください。
安倍◆家族でハマっているという声を、日頃からたくさん聞いていたので、お話があったときはすごくうれしかったです。「この役を引き受けたら、子どもたちがよろこんでくれそうだな」という気持ちもあり、久しぶりにがんばってみようかなと思いました。

ーー TVシリーズファンの安倍さんお気に入りのキャラクターを教えてください。
安倍◆ラブルです。見た目もかわいいですが、なんといってもあの関西弁のセリフがおもしろいですよね。吹き替えの際に英語版の資料をいただいたのですが「あれ? 関西弁じゃない」と思ってしまうほど、なじんでいます(笑)。ラブルがいることで、笑いが生まれるし、「もう、しょうがないな」となんか許せちゃうキャラクターが、作品の良いスパイスになっていると思います。あと八重歯がチラッと見えるのがかわいくてお気に入りです。

©︎ 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

ーー お子様はパウパトをどのように楽しんでいますか?
安倍◆犬だけど、犬として観ていない感じがします。大事件が起きてもみんなで協力して解決する姿を夢中になっています。パウパトを観ているときは、声をかけても全然聞こえないようで。すごい集中力だと感心しながら、パウパトを観ている子どもを観察して楽しんでいます。ちょっと洗い物をしたいとき、何かやりたいことがあるときには、パウパトを流すと夢中になって静かにしてくれるので、親としてもありがたい作品です(笑)

テンションもパワーも必要なアフレコ。でも声のお仕事は楽しい!

©︎ 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

ーー アフレコはいかがでしたか?
安倍◆テンションが高いキャラクターなうえに、最初の収録はテンションマックスのシーンだったので、身振り手振りを交えながら自分の全部を出し切りました(笑)。自分ではかなり高めのテンションでやっても「まだ、テンションが足りません」と言われ、何度か繰り返す中で、リバティというキャラクターを掴んでいきました。

ーー セリフもおもしろいものが多く、早口でとても印象的でした。
安倍◆「早口言葉なの?」と思うくらい、全体的に早口でした(笑)。早口で喋り続ける中で、ビークルに乗って街を走り抜けるシーンになると、よりスピードを求められて大変でした。行き着いたときには大汗をかいていました。そのくらいパワーが必要なアフレコでした。劇場版はパウジョンアップしているので、より気合をいれて本気で挑まないと、子どもたちに伝わらない、しっかりやらなくちゃと自分に言い聞かせながら、がんばりました。監督からのリクエストは早口でハイテンションの中に、チャキチャキでフレッシュなエネルギーを感じるという、もりだくさんなものでした。

©︎ 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

ーー アフレコは大変そうですが、楽しかったのではないでしょうか? お話されている笑顔からそう感じます。
安倍◆楽しかったです。やりがいもありました。息遣いや自分のテンションひとつで表現が変わるという深さにも興味があります。もっと勉強していきたいという気持ちもありますし、声のお仕事は楽しいので、これからもチャンスがあればやりたいです。

夢を叶えたリバティ。安倍さんが今、叶えたい夢は?

©︎ 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

ーー テンションを上げるのが大変だったというリバティとの共通点はありましたか?
安倍◆張り切っちゃうところは似ている気がしました。普段はそんなにテンションは高めじゃないけれど、やるべきことがあると張り切るタイプです。今なら、子どものイベントや行事になると、張り切っちゃいます(笑)

ーー リバティは映画の中で夢を叶えます。安倍さんが今叶えたい夢はありますか?
安倍◆海外旅行に行きたいです。友達が家族でオランダに引っ越したのですが、子どもを育てるのにすごくいい環境だと聞いています。写真やメールで情報をもらうのですが、本当に素敵な場所なので、今、一番行ってみたい場所です。

©︎ 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

ーー お子様は映画館デビューをしていますか?
安倍◆はい! この作品も家族で一緒に映画館で観ようと思っています。私はTVシリーズを観ているので、パウジョンアップした劇場版もすごく楽しみですが、映画からパウパトに触れても全然大丈夫です。映画単体で楽しめる作品に仕上がっています。映像の迫力はすごいし、音もおしゃれで、景色もきれい。旅行に行った気分になるし、爽快感も味わえます。外は暑いし、炎天下で外遊びもなかなか自由にさせてあげられないので、涼しい映画館で質の良い音と映像から刺激を受ける体験は子どもにとってとても貴重だと思います。何より、家族の思い出になるので、おすすめです。

ヘアメイク:太田年哉 (maroonbrand)
スタイリスト:早川かずみ

<作品紹介>

映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』
監督:カル・ブランカー
脚本:ビリー・フロリック、カル・ブランカー、ボブ・バーレン
原案:ビリー・フロリック
音楽:ヘイター・ペレイラ(『ミニオンズ』)
主題歌:「グッド・ムード」 アダム・レヴィーン(マルーン 5)
テレビシリーズ:キース・チャップマン
製作:ジェニファー・ドッジ, p.g.a. 
製作総指揮:ロネン・ハラリー、アダム・ベーダ-、ピーター・シュレッセル
声の出演:
潘めぐみ/小市真琴/井澤詩織/矢作紗友里/石上静香/松田颯水/小堀幸/魚健/諏訪部順一/落合福嗣/竹内良太/
皆川純子/安元洋貴/井上喜久子/安倍なつみ
配給:東和ピクチャーズ 
公式HP:https://www.pawpatrol-movie.jp/
©︎ 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

関連リンク

  • 8/17 15:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます