【雨上がり決死隊解散『アメトーーク!』】FUJIWARA原西孝幸、株爆騰の「ド直球質問」と宮迫博之の残念すぎる「スルー」!

拡大画像を見る

 8月17日に解散を発表した宮迫博之(51)と蛍原徹(53)のコンビ・雨上がり決死隊が同日、20時からの『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会』に出演。ABEMA、YouTubeで配信された。

 番組の収録は、雨上がり決死隊が長らくMCとして出演した『アメトーーク!』(テレビ朝日系)のセットで行われ、冒頭で宮迫が「闇営業という、僕がウソをついて、とんでもないことになって」「ご迷惑をおかけした皆さんにすいませんでした」と2019年6月に発覚した“闇営業”騒動を改めて謝罪。続けて蛍原が「本日をもちまして、コンビ解散ということになりました。お世話になりました」と話し、2人揃って頭を下げた。

「オープニングで宮迫と蛍原がコンビで謝罪した後は、東野幸治(54)、出川哲朗(57)、ケンドーコバヤシ(49)、狩野英孝(39)、FUJIWARAの藤本敏史(50)、原西孝幸(50)らゲストを交えてトークを展開。

 蛍原が、コンビでの活動再開を望みながらも宮迫が昨年1月に単独でYouTubeをスタートしたことで、方向性の違いが大きくなったことが解散のきっかけになったと説明したほか、今年4月に“僕の方から解散しよ、と切り出しました”と蛍原から解散の話が切り出されたことも明かしていました」(お笑いライター)

■原西「どこを間違えたのか。なんでこうなってしまったのか分からない」

 番組のラストで出演者が最後に2人にメッセージを伝える中、藤本が「宮迫さんのせいですよ、あなたのせいで雨上がりがなくなるんですよ。最後だから言わせてもらいますけど、どれだけ迷惑かけるんですか! 今も信じられないですよ。何とかならないんですか」と話して大号泣。感情を爆発させたシーンが話題を集めた。

「藤本の前に、お笑い界でも随一のギャガーとして知られる原西が、“勢いモノマネ”と題して森進一(73)ふうに歌いながらと“ビル・ゲイツなのよ”名乗るギャグを披露し、その後、“僕たちは、雨上がり決死隊大好き芸人です。ヤッター!”と陽気に振る舞い場を盛り上げるシーンがありました。

 ただ、原西がギャガーとしての一面が出たのはこのときくらいで、終始、真面目な感じ。そして、鋭い質問をするときもあったんです」(前出のお笑いライター)

 原西は番組の中盤、宮迫に対して「宮迫さんと一緒になったとき、どんな遠回りしても蛍原さんの隣に行きたいねん。最終的にそこで仕事するのが目的やねん、って言ってたじゃないですか。残念ながらこういう結果になったのは、どこを間違えたのか。なんでこうなってしまったのか分からない。目標はずっと蛍原さんの隣でやりたいんや、って言ってたじゃないですか!」と質問した。

「宮迫は原西のド直球の質問に対し、“俺まだ諦めてないから”と、まだ蛍原の隣に戻ることは諦めていないとの趣旨の回答をして、その後、別の話題に話を転換させて、結果的には、原西の質問をスルーしてう形になりました」(前同)

■「原西さんと蛍原さんをますます好きになった」の声

 原西は宮迫への質問だけでなく、「蛍原さんって、自分が嫌なことはやらないんですよ。むちゃくちゃ頑固なんですよ。その蛍原さんが宮迫さんがやっていることが間違っていると言っていた。本当はその時点で解散なんですよ。ずっと1年半くらい解散しなかった時間が、むちゃくちゃ悩みはったんやなって。結果として長引くよりは、今(結論が)出た方が良かった」と話す場面があった。

「原西の蛍原の気持ちに寄り添ったコメントがありましたが、ふざけることなく正面から“雨上がり決死隊の解散”について話す原西には、ネット上でも“原西が結構スゴいことをストレートに言ってるのよ”“原西の方が蛍ちゃんのことよく見てて理解してるやん”といったアツい反応が寄せられていましたね」(前出のお笑いライター)

 ギャグを封印し、長年、背中を見てきた先輩・雨上がり決死隊について真剣に話す原西には、「核心をついた質問したあとに一発ギャグをかましつつ努めて明るく雨上がり決死隊大好き芸人で締めようとした原西の頑張りもすごい」「原西さんと蛍原さんをますます好きになった」などの称賛の声が多数上がっている。

「一方で、原西の質問をはぐらかしたかたちの宮迫には、“原西さんの芯を食った質問に対して『まだ諦めてない』とはぐらかした宮迫さん。最初から宮迫一人だけ温度感が違った”“原西さんの質問全部が確信的で良かったけど宮迫さんの空気読めない返しと歌舞いてる顔が辛かった”“『まだ俺諦めてないから!』って宮迫さんの回答があまりにも最悪すぎる”といった意見がSNSには寄せられていましたね」(前同)

 アツい思いをぶつけた原西と、それに正面から向き合わないシーンも見られた宮迫。両者への評価の違いもくっきり別れる『解散報告会』にもなってしまったようだ――。

関連リンク

  • 8/18 11:59
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます