無意識に君を考える...会えない時間に「相手に惚れられる」方法とは?

拡大画像を見る


会っている時間というのは、相手に直接自分のことをアピールできるときでもあります。しかし、会えない時間というのは相手が何をしているか分からない、相手との距離が開いてしまうかもしれないと不安になるときでもあるでしょう。
できれば、会えない時間でも相手には自分のことを考えてほしいですよね。そこで今回は、会えない時間に相手から惚れられる方法について紹介します。


連絡をしすぎない

会えない時間というのは、会えていない寂しさを埋めたいという気持ちからたくさん相手に連絡してしまうことがあるでしょう。しかし、連絡をしすぎるのはダメですよ。
相手にも都合があるため、できるだけ相手のペースに合わせてください。返事がきたら相手と同じペースで返事をしましょう。いいテンポがとれたら相手から愛されます。


LINEで褒める

会えない時間にLINEで不満を言われるよりも褒められたほうが相手のことが好きになると思いませんか?そのため、何かあったとしてもLINEでは褒め言葉を多く使うようにしましょう。
不満があるときは直接言うようにして、会えないときのLINEでは良いことばかりを話していたほうがいいのです。相手が心地よくなるため、あなたに惚れ直しますよ。


会っていなくても好きが募ると言う

自分から「最近会えないけど会えなくても想像しただけで好きが増す......」などのように伝えてみましょう。相手も「俺もそうだよ」と答えることが多いでしょう。
本当に相手がそう思っていたのかは分かりませんが、会っていなくても好きが増すと言われることで「自分もそうかも」という気持ちにさせることはできます。また、言われて気分が良くなる言葉は忘れないのでプラスの効果があるでしょう。


疲れを察してあげる

例えば、仕事が忙しくて会えないときなんかは相手が疲れていることを想像することができますよね。そんなときは「お疲れ様。ゆっくりと自分の時間を過ごしてね!」等のように気遣う言葉を使いましょう。
疲れたなんて言っていないのに疲れていることを分かってくれている、体や心を気遣ってくれているというのが分かると、相手はあなたにどんどん惚れるようになるでしょう。


会わなくても惚れさせることってできる

会うことは恋愛ではとても大事なことです。しかし、会うことだけが勝負ではありません。会わなくても惚れさせることはできるので会わない時間も有効に使いましょう。(みいな/ライター)

関連リンク

  • 8/18 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます