【雨上がり決死隊解散『アメトーーク!』】宮迫博之の「スベリ」と松本人志が激怒した“オフホワイト”「不倫イジリ」が大ウケの皮肉!

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊が8月17日をもって解散することを『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』で発表した。

 同番組は17日20時にABEMA及び吉本興業のYouTube公式チャンネルで約2時間にわたって配信され、宮迫博之(51)と蛍原徹(53)がそろってコンビの代表番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)のセットで行なわれた。

 蛍原は闇営業報道から2年の間で「宮迫さんに対する気持ちにズレが生じてきました。宮迫さんがYouTubeをやり始めてから、方向性(の違いが)どうも大きくなってきたような。僕は複雑な気持ちが続いてました」と説明。

「蛍原の隣に戻りたい」と言っていたはずの宮迫が1人でYouTuberとして活動をし始めたことが原因だったとし、今年4月に蛍原から「解散しよ、と切り出しました」と明かした。

 宮迫は「(YouTuberとしての活動など)逐一、説明するべきやったと思う。至らなさが、そういうところでズレを生んでしまった。一番、長いつき合い。親よりも長い時間を過ごしている人に説明もなく、身勝手をやっていた。2年前の騒動だけじゃなくて、いろいろなことをやらかした」と反省の弁を述べた。

 番組には『アメトーーク!』によく出演している東野幸治(54)、出川哲朗(57)、ケンドーコバヤシ(49)、狩野英孝(39)、FUJIWARAの藤本敏史(50)と原西孝幸(50)がゲスト出演してコンビにまつわるトークを展開。

 出川から「コンビでの強烈な思い出」について問われると、蛍原は単独ライブで全国を回っていた際、北海道公演を終えた翌日に、プライベートでドラマ『北の国から』(フジテレビ系)のロケ地巡りをして終始、2人でハシャいでいたと振り返った。そしてドラマに出てきた牧場で「テンションが上がり過ぎて、素っ裸になって走り回った」と明かし、スタジオの笑いを誘った。

 一方の宮迫は一番嬉しかった思い出について、ほぼコンビ間で会話がなかった若手の頃、蛍原が楽屋のドアを勢いよく開けて「宮迫! ティラミスって知ってるか!?」と言われたことだと語った。

 これに藤本は「それ!? 一番?」と言い、出川も終始苦笑いを浮かべ、思わず東野が「出川さん、さっきから苦笑いやで」と指摘。その出川からも「今はティラミスじゃないのよ……」と苦言を呈される場面があった。

「『解散報告会』では宮迫さんが終始空回りしている印象でしたよね……。それはやはり、闇営業問題から地上波テレビを離れ、主戦場をYouTubeでやってきたからではないでしょうか。あれだけの一流芸人がそろう場というのは宮迫さんにとっては2年2か月ぶりです。だからなのか、番組中ずっと上ずっている感じで“これじゃない感”がにじみ出てしまう場面が何度かありましたね」(制作会社ディレクター)

■すべりまくりの宮迫で爆笑をさらったのが“不倫イジり”

 番組視聴者からは、「宮迫さんのボケ・いじり・真面目風な発言のほとんどがすべってない? 腕なまった?」「アメトーーク見てて 宮迫が面白くないとは思わないけど明らかに空気が読めてないというか面白くない感じになってる」といった声も上がっている。

「ティラミスのくだりにしても、出川さんが指摘するようにあの場面では“それじゃない感”が強かった。宮迫さんは普通に話しただけかもしれませんが、無理に笑いを取りにいっている感じがしてしまいましたね。それはもしかしたら、宮迫さんが東野さん、出川さんら最前線の芸人と絡むシーンに慣れていないこちら側、視聴者側が感じてしまう違和感かもしれませんが……。

 他の出演芸人たちは今でも第一線で活躍していて『アメトーーク!』でも絶妙な掛け合い、コンビネーションを見せてくれている。一方、宮迫さんは感が取り戻せていないようで空回りしたり、長い尺をとってそれほど笑いの起きないトークを展開する場面も少なくありませんでした。

 そんな中、宮迫さん絡みで鉄板で盛り上がったのが、彼の“不倫イジり”だったんです」(前出の制作会社ディレクター)

 番組中盤、宮迫と宮迫の妻がYouTubeで共演していることについて、藤本が「あんな動画上げたら絶対浮気できませんよ」「あんなラブラブな奥さんと」と投げかけると、宮迫は「せぇへんよ!」と応じる。

 これに共演者らから笑いが起こり、さらに藤本から「いいんですか? “せぇへん”って言ってもうても」と問われると、宮迫は「“する”言うわけないやろ!」と応酬。

 また、東野が「不倫してもさ、テレビタレントやったら今出れないご時勢じゃない」「キャラクターにもよるけど、宮迫は浮気しないだろうけど……」と取り繕って、周囲がなだめるという場面もあった。

「ほかにも、ケンコバさんや、藤本さんの“大人のおもちゃ”が出てくるきわどい“不倫イジり”の場面がありました。そこはスタジオもでしたが、見ている方も大笑いできる面白いものだったんですよね。ただ、宮迫さんの“オフホワイト不倫”は、今や彼を見放してしまっていると言われているダウンタウンの松本人志さん(57)が最初に助け舟を出したときに言及していたことでもありますよね」(前同)

■“オフホワイト不倫”の無反省が“闇営業問題”につながった……

 2019年6月の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で宮迫らの闇営業問題を取り上げた際、松本は「お金をもらったと言わないと、誰も信じてくれないよと、助け舟的なアレで言ったつもりだったんですけど。イマイチ伝わってなかったというか」とコメント。

 宮迫に電話したとも明かし、「“それ、無理やで”って。世間、誰も信じないよ。そこでウソついちゃうと、なんもかんもウソやと思われるぞ、と言いました。彼も“ハイ、ハイ”とは言うてたんですけど、どっか芯で分かってなかったのかな」と寂しそうに語った。

 そして宮迫が2017年に不倫疑惑を報じられた際、「オフホワイトです」と濁したことを引き合いに出し、「不倫のときに中途半端に誤魔化すことができたというか、こいつにとってよくなかった。乗り越えられるという甘い認識が。あのときもだいぶ言ったんですけどね」と指摘していた。

「皮肉にも、今回の『解散報告会』で宮迫さん絡みで一番笑いをとっていたのが不倫イジりでした。ただ、この不倫騒動も宮迫さんのプライベートのわきの甘さから生じたものですよね。

 松本さんが指摘したように“オフホワイト”発言で不倫疑惑を誤魔化し、さらに闇営業問題でも最初にウソをついてしまい、そして蛍原さんの隣に戻りたいと言っていたにもかかわらず、独断でYouTubeを始めてコンビ間にズレが生じてしまった。

 YouTubeを始めたのは宮迫さん側にもさまざまな事情があるというのはわかりますが、蛍原さんには事後報告でしっかりとコミュニケーションがとれていなかった。そこはスタジオにいる出演芸人たちも切なそうな表情を浮かべ、藤本さんは号泣しながら、“宮迫さんのせいで『雨上がり』がなくなるんですよ”と言い放っていました。

 言い方は厳しいですが、“身から出た錆”的なことの積み重なりが、雨上がり決死隊の解散劇を招いてしまった感じがしますね……」(前出の制作会社ディレクター)

 闇営業問題前には宮迫との共演も多かった松本は、今回の解散報告をどのように見たのだろうか――?

関連リンク

  • 8/18 11:37
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • いち(

    8/19 12:41

    世間に対して悪いことは何もしてないよね。一方で、親玉の入江は清掃業かなんかしらんけど絶賛されてるよね。マスコミ次第でこうも変わりますか。

  • 結局、取っ払いの営業行って相手が反社で ギャラもらってないと嘘を言って…… それで国民からバッシング、解雇もされ 稼ぐためYouTube始めたら成功⁉️しちゃって それが面白くない吉本興業と蛍ちゃん…… 宮迫がそこまで悪いことしたかね⁉️w

記事の無断転載を禁じます