「視野を広げる」ってどういうこと?狭い人・広い人の特徴や広げる方法を教えます

拡大画像を見る

視野を広げる方法をご紹介!

視野を広げる方法をご存じですか?視野を広げることで、物事を様々な方向から見ることができたり、他人の行動や言動を理解できたりと多くのメリットがあります。

更に視野が広い人は周囲から尊敬されたり、信頼を得られたりと周囲から高い評価を得られる可能性があります。そこで今回は、視野を広げる方法をご紹介します。

また、視野の広い人と狭い人の特徴や経験、行動なども具体例を挙げながら紹介します。この記事を読んで、視野を広げる方法を習得しましょう。

視野を広げる方法①《視野の広い人、狭い人の特徴》

視野を広げる方法①《視野の広い人、狭い人の特徴》
出典:https://pixabay.com

視野を広げる方法を紹介する前に、視野の狭い人と広い人の特徴や思考の具体例をご紹介します。視野の狭い人と広い人の特徴や思考の違いを理解することで、視野を広げる方法のヒントが見えてくるでしょう。

視野の広い人の思考や特徴が分かると視野の広い人が得意なことを知ることができるため、視野を広げるメリットが分かります。視野を広げるメリットを理解することで、後で紹介する視野を広げる方法を実践してみたくなるでしょう。

視野の広い人は人付き合いが上手

視野の広い人の特徴として、人付き合いが上手という点があります。視野が広い人は他人の価値観を受け入れられるため、人の意見を聞き入れます。また、視野が広い人は好奇心が旺盛であるという特徴もあり、他人の意見をたくさん聞いて他人の思考を知りたいという気持ちを強く持っています。

周囲の人たちからすると、自分の意見や思考を聞き入れてもらえたという気持ちが強く、視野の狭い人より広い人の方が他人から好意的に思われることが多いでしょう。

視野の広い人は知識が豊富

視野の広い人は知識が豊富という特徴があります。視野の広い人は何事にも興味を持つため、勉強熱心で様々なジャンルについての知識が豊富です。またその知識が更に視野を広げ、プライベートを楽しめるだけでなく、仕事に活きてくる場合もあるでしょう。

また視野の広い人は、知りたいという気持ちも強いため、新聞や本を積極的に読むなど知識のアップデートを常に行っており、自然と知識が増えていくことが多いです。視野の広い人は、物事に対して偏見がないため、新しいことを知識として取り入れるのに時間がかからないでしょう。

視野の広い人は仕事ができる

視野の広い人は仕事ができるという特徴を持っています。視野が広いと周囲の意見を取り入れることができるため、視野の広い人がリーダーとなり、仕事場で良いチームワークが生まれます。そのため、仕事もスムーズにこなしやすいという環境ができます。

また、視野が広い人は知識も豊富なため、仕事でトラブルが起きたときも上手に解決することができるでしょう。つまり、視野を広げることで仕事が上手くいく可能性が高いということです。

視野の狭い人は自分の意見を押し付けがち

視野の狭い人は自分の思考が絶対に正しいと思いがちです。そのため、他人の意見に耳を傾けることが苦手なので、ついつい自分の意見を押し付けてしまうという特徴を持っています。他人に意見を押し付けてしまうと、相手の考えを聞く機会を失っていることになり、視野を広げるチャンスを自らなくしていることになります。

視野の狭い人は人付き合いが苦手な場合が多いですが、自分が正しいと思い過ぎて他人の考えを否定的に捉えてしまうということがあります。視野の狭い人は、相手の考えを受け入れることで、視野を広げる近道になります。

視野の狭い人はこだわりが強い

視野の狭い人はこだわりが強いという特徴があります。視野の狭い人は自分の考えを中心にして生きているため、周囲から見るとこだわりが強く近寄りがたいと思われることが多いです。一つのことにこだわって突き詰めることは悪いことではありません。

しかし、一つのことにこだわってしまうと、どんどん自分の世界だけになり、視野が狭くなっていきます。視野を広げるためには、色々なことに目を向けて、周囲の人の思考に触れるのがよいでしょう。

視野を広げる方法②《視野の広い人、狭い人の行動》

視野を広げる方法②《視野の広い人、狭い人の行動》
出典:https://pixabay.com/

続いては、視野の狭い人と広い人の取りがちな行動の具体例をご紹介します。自分では視野が広いと思っていても、ここで紹介する視野の狭い人が取りがちな行動の具体例や経験を知って、意外と視野が狭いことに気付くかもしれません。

視野の広い人と狭い人の行動や経験値を知ることで、自分の視野の広さをジャッジすることができます。また、視野の狭い人の行動や経験値から、視野を広げる方法のヒントが得られます。視野の広い人の行動を知って、視野を広げる方法を考えてみましょう。

視野の広い人はチャレンジ精神が高い

視野の広い人はチャレンジ精神があり、とても行動的です。視野の広い人の特徴でも紹介しましたが、視野の広い人は好奇心が旺盛なので、何事に関してもチャレンジしてみたいという行動的な気持ちが強く働きます。

またチャレンジ精神と好奇心の高さから、初対面の人に対して、どんな考えを持っている人なのかなど興味を持つため、気軽に話しかけられ人見知りすることが少ないです。そのため、視野の広い人は人間性もありますが、友人が多く人気者である場合が多いでしょう。

視野の広い人は様々な経験をしている

視野の広い人は様々なことに興味を持ちチャレンジしているため、視野の狭い人と比べると経験値が高いです。色々な経験をすることで経験から多くのことを学び価値観が固執されず、視野の広い人になれます。また様々な経験を積むことで自信に繋がり、他人の思考を理解する余裕が生まれます。

つまり、視野を広げることで他人の考えに耳を傾け、他人を認められる人になることができます。更に様々な経験をする場に出向くことで、自然と人と関わる機会が増えるため、他人の考えに触れて視野を広げることができます。

視野の狭い人は新しいことが苦手

視野の狭い人は自分と違う価値観や考えを取り入れることができず、自分の好きなことだけをしがちです。そのため、新しいことにチャレンジする機会が少ないため、経験値が視野の広い人と比べると低くなります。

視野の狭い人は普段から新しいことに挑戦しないため、変化がとても苦手です。視野の狭い人は自分が苦手だと思っていることや興味のないことに対して、積極的にチャレンジしていくことで価値観が変わっていき視野が広くなります。

視野の狭い人はトラブル回避が苦手

視野の狭い人はトラブルを回避することが苦手です。視野の狭い人は自分の考えが中心にあるため、臨機応変に対応したり周囲の人のアドバイスを取り入れたりすることが苦手です。そのため、想像していなかったようなトラブルが起きたときにパニックになり、自分の考えだけで対応しようとします。

トラブルの大きさにもよりますが、一人では対応しきれないトラブルもあるため、視野を広げて周囲の人の意見を取り入れたり、時には自分の考えに反する行動を取ったりすることも必要になってくるでしょう。

視野の狭い人は気遣いが苦手

視野の狭い人は自分の価値観で物事を考えがちなので、他人の気持ちを汲み取ることが苦手です。そのため他人がどうして欲しいのか、どのような気持ちでいるのかなどが分からず、結果的に気遣いができないことが多いです。

特に自分と違う思考の人に対しての苦手意識があるのも視野の狭い人の特徴です。気遣いや人付き合いに苦手意識を持っている視野の狭い人は、まず他人に興味を持ち観察するところから始めると、他人の思考を理解することができ視野が広がっていくでしょう。

視野を広げる方法

視野を広げる方法
出典:https://pixabay.com/

視野の狭い人と広い人の考え方や特徴が分かったところで、続いては視野を広げる方法の具体例をご紹介します。視野の狭い人と広い人の特徴から、視野を広げる方法が見えてきた方も多いと思いますが、ここでは具体的に視野を広げる方法を伝授します。

今回ご紹介する視野を広げる方法はとても簡単なモノばかりです。視野を広げることに挑戦してみたいという方は、どれか一つでも良いので自分が実践できそうな視野を広げる方法を実践して、今まで以上に視野の広い人を目指しましょう。

視野を広げる方法①本などから知識を得る

視野を広げる方法の1つ目は、本や新聞、雑誌などから知識を得ることです。本や新聞を読むことで、自分の知らない情報や思考に触れることができます。また知識の量も増えるので自分の価値観だけが全てではないことに気付きやすく、視野を広げることができます。

この方法で注意が必要なのは、自分の興味のある本や雑誌以外にも触れるということです。好きなジャンルの本だけ読んでいるだけでは、視野を広げることが難しいため、様々なジャンルの本から知識を入れて視野を広げましょう。

視野を広げる方法②交流を広げる

視野を広げる方法の2つ目は、人との交流を広げることです。視野が狭い人は思考が固執していることが多いため、人との交流を広げて他人の思考に触れることで新しい価値観を得られる可能性が高いです。

いつも仲良くしている人だけでなく、普段関わりのない業種の人など、新しい価値観に触れられるような機会を積極的に増やすことで、効率よく視野を広げることができます。初対面の人とたくさん交流し新しい思考に触れて、経験値を上げ視野を広げてみましょう。

視野を広げる方法③新しいことに挑戦!

視野を広げる方法の3つ目は、自分自身では必要性の感じないような新しいことに挑戦することです。新しいことに挑戦することで自分の中で色々な思考が広がり、価値観によい変化をもたらします。また、新しいことに挑戦することで初対面の人との交流の機会が得られ、新しい出会いの中で視野を広げることができるでしょう。

そして、新しいことに挑戦して楽しめたという経験が自信に繋がり、他人を認められる余裕が出てきます。スポーツや読書など新しい趣味を見つけて、自分の経験値を増やして視野を広げていきましょう。

視野を広げる方法④固定概念にとらわれない

視野を広げる方法の4つ目は、固定概念にとらわれないことです。視野の狭い人は自分の考えに固執しがちなので、行動する前から決めつけていることが多いです。例えば運動が嫌いだから体を動かすヨガも絶対に楽しめないと思っていても、いざ挑戦してみると激しい動きはないため意外と楽しめるということがあります。

「ヨガは楽しくない」という固定概念が視野を狭くしていることになります。このような固定概念にとらわれず、何にでもチャレンジすることで、段々と視野を広げることができるでしょう。

視野を広げる方法のまとめ

視野の狭い人と広い人の思考の違いや視野を広げる方法を紹介しましたが、参考になりましたか?視野を広げることで、仕事が上手くいったり友人が増えたりと良いことがたくさんあります。

また、視野の狭い人と広い人の特徴や性格を比べると、視野の広い人は行動力があり経験値が高く人生を楽しんでいる印象を受けた方が多いでしょう。

今回紹介した視野を広げる方法は、どれも今日から始められる簡単なモノばかりです。紹介した視野を広げる方法を実践して更に視野の広い人になり、人生を今まで以上に楽しみましょう。

関連リンク

  • 8/17 23:30
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます