キンプリ平野紫耀「ベッドに十手」岸優太・神宮寺勇太を凌駕する「不可解天然思考」

拡大画像を見る

 King & Princeの平野紫耀(24)が8月12日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。クセの強い防犯グッズを披露して、MCを務める嵐の櫻井翔(39)と有吉弘行(47)らを驚かせた。

 平野は映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦』で共演する女優の橋本環奈(22)と“夜会ハウス”に登場。2歳違いの同世代だという2人に、櫻井が「撮影離れてプライベートでも集まったりする?」と質問した。

 橋本は、今回の映画の共演者は同世代が多くて仲が良く、プライベートで自分から声をかけたり、LINEのグループで誘い合っていると答えた。しかし、平野は忙しすぎるため、未だに顔を出してくれないのだと明かした。

 これに、有吉が「そんなに忙しい? みんな忙しくても、ちょっと合間を見つけてんだから」とツッコむと、平野は苦笑いを浮かべて「ウソです」と告白。橋本は手を叩いて爆笑し、櫻井が「はっきり言ったね!」と、正直すぎる告白に驚いた。

 すると、平野は「ホントに申し訳ない」と橋本に謝罪し、「団体行動が苦手なんです。共に行動するのが苦手で、同時に歩けない」と説明。また、「急きょの予定を言われるのがダメなんですよ。2週間前に言っていただかないと」と、高級焼肉店のように自身の予約は取りづらいと語った。

■ワシの置物と相席状態

 また、平野は自宅の家具のことで悩んでいるそうで、家に人を呼ばないのに、6人用のダイニングテーブルを買ってしまったと明かした。さらに、殺風景なのがイヤで大きな金色のワシの置物を買ったが、それをテーブルの上にのせると、ワシと相席状態になってしまうのだとボヤいた。

 さらに、寝室について平野が「僕、サバゲーが大好きで、サバゲーの銃を(壁に)バーって並べているから、テロリストの家みたいになってるんですよね」と明かすと、タレントのみちょぱ(22)が「落ち着かないな……」と、引き気味につぶやいた。

 続いて、平野が「みなさんにオススメの手土産がある」と、細長い箱を手渡すと、一同は「重いよ」「何これ?」と困惑。中身は時代劇の捕物シーンなどに出てくる十手で、平野が「護身用の本物です」と説明しても、橋本は「なんで?」と理解できない様子。

 すると、平野は「皆さんはちゃんと護身用のグッズを置いて寝てますか?」と真顔で逆質問。櫻井が懐中電灯など災害時に使うようなものを置いていると言うと、平野は「絶対ダメですよ。僕は研究を重ねた結果、十手が1番なんですよ」と訴えた。

 しかし、櫻井は「危ない地域に住んでるの?」と不審そうな表情を浮かべ、「護身する必要がないじゃない」と指摘。それでも平野は譲らず、「実際に枕元に置いてるんです」とベッドの隙間に十手を差し込んでいる写真を公開。「いざ、誰かが来ても、スッと抜ける」と主張した。

■十手について熱く語るも

 これに、橋本が「ウソでしょ! いらないよ!」とドン引きすると、平野は「僕、模擬刀も置いたことあるんですけど、部屋によっては振り切れないんですよ」「折りたたみ警棒もいいなと思ったんですけど、出す時に音が出る。戦うならと音がないほうがいいじゃないですか」と、十手に辿り着いた理由を説明した。

 あきれたように、みちょぱが「いらないでしょう」と言っても、平野は「もし泥棒が入ったとき、知らないですよ? 本当に置いてほしいです。(皆さん)人気者なので、いつ何が起こるか分からないと思うんで、本当に枕元に置いてください。僕からのお願いです」と訴えた。

 そこで、有吉が「先に十手を取られる場合もあるから、泥棒に立ち向かうより、寝てやり過ごすっていうのが1番じゃないかな」と主張すると、橋本も「寝たふりをします」と同意。有吉は「(十手は)忘れて帰ろう」と受け取り拒否し、一同の笑いを誘った。

 サンドウィッチマンの伊達みきお(46)が「全員天然」というほど、キンプリは天然ボケキャラ揃いのグループ。独特な言葉選びや表現力の岸優太(25)や、“ラスボス”といわれる神宮寺勇太(23)がバラエティ番組で人気だが、平野の圧倒的な天然思考にはかなわないようだ。

関連リンク

  • 8/18 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます