菅田将暉「距離が近い」!なれなれしい若手共演俳優に猛クレーム!

拡大画像を見る

 いまや映画やドラマの主演で「忙し過ぎない?」と心配するほど名前を見る菅田将暉。30代俳優の中で突出した存在感を見せ「飽きた」などという批判を笑い飛ばすかのような活躍ぶりである。そんな菅田と、男性芸能人の濃厚な交流が分かるニュースをまとめてクイズにしてみた。答えは記事の最後に!

■【問1】
4月17日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)に出演した菅田将暉。この日は、同日スタートのドラマ『コントが始まる』(同局系)の共演者と一緒に登場。番組冒頭、お互いに言いたいことをぶつけ合うことになり、菅田はその中の1人に「距離感が近い」とクレームをつけた。その俳優の名は?

■【問2】
菅田将暉の活躍は、同年代の俳優からも注目・尊敬されている。「仮面ライダー」シリーズで彼の後輩にあたる俳優は、「同世代の輝いている俳優は?」とラジオで聞かれ、菅田の名前を出した。その俳優の名は?

■【問3】
6月6日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、自身の主演映画『キャラクター』で共演しているSEKAINO OWARIのFukase、歌舞伎俳優の中村獅童と語り合った菅田。話は仕事への“力加減”になり、菅田は、かつて舞台でお世話になったある監督から「ちょっと3割ぐらい捨てろ、引け」とアドバイスされたエピソードを紹介。さて、その監督の名は?


答えはコチラ








■【問1】の答えは「神木隆之介」! 菅田によると、神木は初対面の菅田に向かって「なんて呼んだらいい?」と名前の呼び方をいきなり尋ね、さらに「みんな“隆(りゅう)”って呼んでるから、“隆”って呼んで。(菅田のことは)“将暉”でいい?」と言われたことを明かした。菅田は「まだ“隆”って呼べていない」と、あまりにもフレンドリーな神木に対してのとまどいを露呈。しかしドラマでは息の合ったやりとりを見せ、距離が縮まったことを感じさせていた。詳しくはコチラ。https://taishu.jp/articles/-/93822

■【問2】の答えは「竹内涼真」! 竹内涼真は、2014年に『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)の主役に抜擢されてデビュー。『仮面ライダーW』で主演を演じた菅田の後輩にあたる。また竹内は17年公開の映画『帝一の國』でも菅田と共演。4月22日放送のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)にゲスト出演した際、伊集院のこの質問に対し菅田将暉の名前を挙げ「うわぁ、ちょっとやっぱり違うな」と、演技について思ったと明かしていた。詳しくはコチラ。https://taishu.jp/articles/-/93972

■【問3】の答えは「蜷川幸雄」! 菅田は14年上演の故蜷川幸雄氏演出の舞台『ロミオとジュリエット』のロミオ役で出演。「もう全力でとにかく“ぶつけよう、ぶつけよう”で、やってた」という。が、蜷川から「ちょっと3割ぐらい捨てろ、引け」「お客さん疲れるから」とアドバイスを受け、言われたとおりにしたところ、評判が良くなったそうだ。さすが世界のニナガワ!詳しくはコチラ。https://taishu.jp/articles/-/94955

 もはや日本の芸能界を背負って立つオーラを放っている菅田将暉。21年10月には『CUBE』(松竹)が公開予定、22年1月には人気漫画の実写化ドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)が放送予定である。彼の人気は同業者から厚く、まだまだ勢いは止まらない!

関連リンク

  • 8/18 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます