「何かが違うんだ…」男が苦手な【スキンシップのシチュエーション】4つ

拡大画像を見る


男性だったら誰もが、女性からスキンシップされることを喜んでいると思っていませんか?実は、男性には苦手なスキンシップのシチュエーションがあるのです。今回は、男は苦手な4つの「スキンシップのシチュエーション」をご紹介します。しっかりチェックして、喜ばれるスキンシップをしましょう♡


友達が一緒にいるとき

男性はどんなに好きな女性でも、友達の前でイチャイチャされることを嫌がる傾向があります。人目がある場所でイチャイチャしてくる女性に対して「空気が読めない」「常識がない」と思う男性も多いようなので注意が必要です。彼にスキンシップする場合には、できるだけ二人きりのときにした方がいいでしょう。


テレビや映画を観ているとき

テレビや映画を観ているときは、男性に限らず誰だって集中しているものです。そんなときにスキンシップされたら、どんなに優しい男性でも「今じゃないんだよな~」と思ってしまうはず。スキンシップするときは、自分の気持ちよりも相手の気持ちをしっかり考えてあげるようにしましょう。


真剣に何かを考えているとき

男性は真剣に何かを考えているとき「邪魔されたくない」「ひとりになりたい」と思うものです。大事なのは、今スキンシップして彼が喜ぶかどうかの的確な判断ができること。彼が真剣に何かを考えているようなときは、邪魔せずゆっくりひとりで考えさせてあげてくださいね。


気分が乗らないとき

誰だって気分が乗らないときってありますよね?もちろん男性だって、いつでもウェルカムというわけではありません。自分から彼に近づいてみて、あまり気が乗らないような雰囲気だったら、無理にスキンシップせずに、時間を置くか別の日にしてみましょう。


せっかく彼にスキンシップするなら、喜ばれるスキンシップをしたいと思いますよね。相手の気持ちをよく考えて、彼が喜ぶスキンシップをしてあげるようにしましょう♡
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/18 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます