雨上がり決死隊 解散 結成から32年 最後は「アメトーーク特別編」で報告

拡大画像を見る

 芸能界を揺るがした「闇営業」問題から約2年、コンビ復活はかなわなかった。蛍原徹(53)と宮迫博之(51)によるお笑いコンビ「雨上がり決死隊」が17日、解散した。蛍原が所属し、宮迫が2019年まで所属していた吉本興業から発表された。2人はそれぞれ活動を続け、蛍原は吉本所属のまま。この日、ABEMAと吉本興業公式YouTubeチャンネルで配信された「アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会」に2人で登場し、宮迫は涙を禁じ得なかった。

 コンビ結成から32年、2019年の宮迫の闇営業騒動後に2人そろっての仕事はなく、事実上の“解散状態”が続いていた雨上がり決死隊が、ついに終止符を打った。「アメトーーク!」のセットを使い行われた報告会では、蛍原が経緯を説明。「宮迫がYouTubeをやり始めたあたりから、価値観とか方向性のズレが大きくなってきた気がします」と明かした。

 解散は4月に対面した時、蛍原から切り出した。当初はコンビ復活願望はあったと明かし「舞台から地道に行けたらいいなという考えはあった。でもロンドンブーツ1号2号の(田村)亮の復帰会見前にYouTubeをやり始めた。その時期が僕はいまだに(許せない)」と話した。

 その後、何度も話し合いを重ねたといい、「後輩やスタッフにも気を遣わせていたので、『雨上がり決死隊』という屋号を外した方がスッキリ進むんじゃないかと思い、気持ちがそっちの方に行きました」と、心境の変遷を説明した。

 宮迫はまず、闇営業騒動を改めて謝罪し、「蛍原さんに逐一説明すべきだったけど、至らなさがズレを生んだ」と反省。解散は「何とかならないかという話もしたけど、これ以上迷惑とつらさを強いるのは違うのかなと受け入れた」と、時折声を詰まらせながら話した。さらに「ケンカ別れとかじゃないです。熟年離婚みたいなもん」と円満を強調した。

 宮迫は2年ぶりのホーム“復帰”が無念の解散報告になったが、「『ただいま』だけは言わせていただきたい、実家なので。こういう場を設けていただいたことに吉本さんには感謝しかございません」と感慨深げだった。

 最後のあいさつでは、同席したタレント・出川哲朗(57)らの号泣を見て、宮迫は「本当に僕のせいなので、一生かけて反省したいと思います。50歳過ぎて見苦しいかもしれないけど、(蛍原と)いつか一緒にできる日を作るために、諦めず頑張り続けたいと思います」と涙を流した。

関連リンク

  • 8/18 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます