おばた&“昆虫王子”牧田習、カブトムシ&クワガタで一攫千金を狙う

拡大画像を見る

『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)が、8月18日に放送される。

同番組は、世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵、大島美幸(森三中)、そして緑川静香、おばたのお兄さんが出演する。

「家から出なくても稼げる」ということで女優・緑川が、ご家庭の不用品をスマホ1つで売りさばく! 今回の舞台は、築50年以上の家。28歳の男性が、捨てようとしていた不用品を「ただ捨ててしまうのはもったいない」と思い、番組に応募したという。目標額は20万円で、温泉好きの両親に旅行をプレゼントしたいのだそう。さっそく案内された先にあったのは、山の様に大量に積まれたごみ袋。中身は引き出物などでもらったものの使わなかった食器や、使い古したキッチン家電。単価は安くなるものの、量が多いため、売れればかなりの利益が見込めるが、果たして……? ほかにも、家中を探しまわると約50年前の雑誌や、100年以上前の火鉢、懐かしの「PCエンジン」などを発見。この中から思わぬ利益を生むものが!? 今回はスマホ1つでいくら売り上げることができるのか?

続いて、「タダのモノを売ってみたら実際いくら稼げるのか?夏の自由研究SP」。今回売るのは、子供の頃に捕まえたことがあるという人もいるであろう「カブトムシ」と「クワガタムシ」。ちなみに「ムシ」企画は女性視聴者に敬遠されるため、テレビ業界では“タブー”。だが一方で、“黒いダイヤ”とも呼ばれる国産のオオクワガタはペアでなんと1000万円で取引されたこともあるという噂もあるほど“お金になる”のだ。1日かけてキャンプ場を捜索するも、なかなかカブトムシ達が見つからず、苦戦するおばた。そこへ“昆虫王子”こと、昆虫ハンター・牧田習が助っ人として登場。カブトムシ達をおびき寄せる“居酒屋”を作って一攫千金を狙う。

前回の放送では、飯尾和樹(ずん)&事故物件のプロが徹底調査、アキラ100%が、建物全体の骨組みを作る「鉄筋工」に挑戦した。

関連リンク

  • 8/18 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます