【札幌記念展望】夏競馬唯一のGII、あの馬の巻き返しを期待したい

拡大画像を見る

 夏のローカル開催で唯一行われるGII戦。サマー2000シリーズの第4戦にして最大のポイントが付与されるレースではあるが、札幌記念の勝ち馬は凱旋門賞や天皇賞など秋に行われる国内外のGIに直行することが珍しくなく、シリーズの他のレースとは趣を異にしている。

1.スピードが要求される

 14年は、中長距離路線で活躍して断然人気に支持されていたゴールドシップが、桜花賞馬ハープスターに敗れた。また18年は、ダービー馬マカヒキが2着に敗れ、マイル以下の重賞を2勝していたサングレーザーが優勝。昨年はマイル路線で活躍していたノームコアが、当時中距離GIを2勝していたラッキーライラックを降して勝利した。スタミナよりスピードが勝ったタイプが勝ち切るレース。

2.前走同距離組は苦戦気味

 函館開催だった13年を除く過去9年で、前走も2000mを走っていた馬は[2-2-2-48]で複勝率11.1%しかない。対して、距離延長組は[4-3-1-29]で複勝率21.6%、距離短縮組は[3-4-6-23]で複勝率36.1%。

3.前走敗れた馬が巻き返す

 過去9年で、前走1着だった馬は[0-2-2-15]と勝ち切れていない。対して、前走6〜9着だった馬は5勝を挙げている。特に前走中央場所で敗れていた馬が巻き返してくるケースが多い。

 ソダシは調教の動きが素晴らしく、春から比べてさらに成長している。前走のオークスは距離が長いのもあって敗れたが、距離短縮で斤量52kgなら古馬相手でも巻き返しの期待は十分だ。

関連リンク

  • 8/17 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます