香取慎吾と大下容子アナの“スマステコンビ”4年振り復活に歓喜の声

拡大画像を見る

 香取慎吾が8月12日、昼の情報番組「大下容子ワイド!スクランブル」(テレビ朝日)に生出演。メインキャスターを務める大下容子アナとおよそ4年振りとなる共演を果たした。

 香取と大下アナは2017年まで約15年にわたって同局の情報・教養バラエティ番組「SmaSTATION!!」で司会を務めていた名コンビ。久しぶりの共演となるため、前日の放送で大下アナは「うれしく緊張しています」と喜びを語っていた。

 同番組に香取は「国際パラリンピック委員会 特別親善大使」として東京パラリンピックの魅力を伝えるために出演。登場すると「いや、4年ぶりにこちらにこうやって来させていただいて、ちょっとさすがに緊張してますね、ちょっと。珍しくね、眠れなかったです」と感想を述べ、大下アナも「え~、うれしいというか、ごめんなさいというか」と恐縮しながらも再会の喜びを語った。

 実は大下アナは香取の出演する映画、個展、舞台などは欠かさず見ていたと告白。香取も「全部見に来てくださっているんですけど、こういう状況で、舞台裏でお会いできないんで‥‥」と応じ、プライベートでも親交があることをうかがわせた。

 ネットでは《慎吾ちゃんと大下さんとの共演待ってました》《大下さんがたびたび泣きそうになってるのを見て、こちらまで胸がいっぱいになりました。これからはお2人、もっと共演できるといいですね!》《安心してゆっくり楽しく見られる番組をお2人でまたスタートしてほしい》《香取慎吾君、もっと地上波テレビに出てくれよ。スマステも復活頼む》《スマステをまた見たい。番組名は変わってもいいから、見たいな》など2人の再会を喜ぶ声だけでなく、「SmaSTATION!!」の復活や新番組を期待する声が続出した。

「香取は現在地上波でのレギュラーはありませんが、インターネット配信のバラエティ番組『7.2 新しい別の窓』(ABEMA)にレギュラー出演中。ABEMAはサイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資して作られたインターネットテレビのため、テレビ朝日のエグゼクティブアナウンサーである大下アナも出演は可能なはず。次は香取の番組へのゲスト出演も期待したいところです」(芸能記者)

 また2人が共演できる日が来るとよいのだが。

(柏原廉)

関連リンク

  • 8/17 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます