クローゼットにできた“謎の卵”は蜘蛛? SNSで話題もその正体に拍子抜け(豪)

拡大画像を見る

オーストラリアのFacebookユーザーで3児の母親であるエイミーさん(Amy)が、Facebookのグループページ「Family Lowdown Tips & Ideas」に投稿した写真が注目を集めた。写真には天井に付着した白い卵形の物体が捉えられているが、その“謎の卵”はエイミーさんの友人の息子の部屋にあるクローゼット内で発見されたという。

投稿された写真とともにエイミーさんは、この物体の正体が何なのかグループのメンバーに次のように問いかけた。

「これは私の友人の息子のクローゼットの中にあったようなんです。ずっとそこにあったのかそれとも突然現れたものなのか、全く分からないそうです。友人家族は今の家に引っ越したばかりですが、これが一体何なのか知っている人はいますか? そして友人家族は何をすべきでしょう?」

まるでクローゼットの天井から生えてきたような“謎の卵”に誰もが不気味さを感じ、「蜘蛛の卵ではないか」との憶測があがった。またこの説が有力だと思わせるようなコメントも届いた。

「私のパートナーは害虫駆除の仕事をしていますが、それは蜘蛛の卵嚢(卵を包む袋状のもの)ではないでしょうか。掃除機で吸い取って中に殺虫剤をこれでもかというぐらい撒いてください。もし蜘蛛の卵嚢なら中から何千という蜘蛛が生まれてくることでしょう。」

他にも、「それは絶対触らないほうがいい! すぐにゴーストバスターズを呼んだほうがいいよ」、「これ10億年前だったら確実に恐竜の卵だったね」といった声もあがった。様々な憶測が飛び交うことになった“謎の卵”だが、のちにエイミーさんは義理の父に頼んで友人宅の“謎の卵”を調べてもらうことにした。

その結果、人々が心配するほどのものではなく単なる発砲断熱材だったようだ。断熱材の中でも発泡断熱材は液状の泡が時間とともに硬化するが、どうやら過去に建築業者らが天井裏に吹き付けた発砲断熱材が、天井からクローゼット内に何らかの原因で漏れて、それが卵形の状態で硬化したものとみられている。

“謎の卵”の正体を知ったユーザーのほとんどが拍子抜けすることとなり、「がっかりしちゃいけないんだけど、何かワクワクするものを期待してたよ」「かなりの期待外れだったね」という声が寄せられたようだ。しかしながらエイミーさんの友人家族は、卵嚢から生まれた出た無数の蜘蛛の子が家中を這うようなことにならずに済んでホッとしたことだろう。

画像は『The Sun 2021年8月11日付 「‘CALL GHOSTBUSTERS’ Mum freaks out over creepy ‘alien egg’ nesting in son’s wardrobe - but you’ll laugh at the truth」(Credit: Family Lowdown Tips & Ideas/Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 8/17 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます