TBS「アイ・アム・冒険少年」スタッフ2人コロナ感染 ロケで鹿児島移動後に判明

【モデルプレス=2021/08/16】TBSは16日、バラエティー番組「アイ・アム・冒険少年」の制作スタッフ2人が新型コロナウイルスに感染したことを公式サイトにて発表した。

◆「アイ・アム・冒険少年」スタッフがコロナ感染

1人のスタッフは、ロケ現場の鹿児島県に到着後の8月10日、出発前に受けたPCR検査結果から陽性が判明。その後、別のスタッフ1人が、12日になり陽性に。いずれも、出発前は症状がなかったという。

また、タレントは現地入りしておらず、「スタッフが現地で接触した方々で、濃厚接触者と認定された方はいません」とした。

最後に「現地の医療・感染対策関係者やご協力いただいている方々に多大なご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫び申し上げます。当社としましては、感染対策をより一層徹底し、関係する皆様や社員・スタッフの感染防止と安全確保に努めてまいります」と結んでいる。(modelpress編集部)

◆全文

「アイ・アム・冒険少年」の制作スタッフ2名が、ロケ現場の鹿児島県に移動した後、新型コロナウイルス感染が判明しました。

このうち、スタッフ1名については、到着後の8月10日、出発前に受けたPCR検査結果から陽性が判明しました。その後、別のスタッフ1名が、12日になり、陽性となりました。2名いずれも、出発前は、症状はありませんでした。タレントの方は現地入りしておらず、また、スタッフが現地で接触した方々で、濃厚接触者と認定された方はいません。

現地の医療・感染対策関係者やご協力いただいている方々に多大なご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫び申し上げます。当社としましては、感染対策をより一層徹底し、関係する皆様や社員・スタッフの感染防止と安全確保に努めてまいります。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/16 18:36
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます