母はJRA3勝ハリウッドフェームがC.ルメール騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

拡大画像を見る

 開催替わりになった前週の新潟では3鞍のメイクデビューが行われ、人気薄の関東馬が2勝した。今週は国枝栄厩舎のディープインパクト産駒が新潟と札幌にスタンバイ。ともに注目を集めそうだ。

【8月22日(日) 新潟芝1800m】

◆サトノゼノビア(牝、父ディープインパクト、母クイーンカトリーン、美浦・国枝栄厩舎)

 母は愛G3(芝7F)の勝ち馬。牝系からはトリリオンカット(朝日チャレンジC)やTreve(凱旋門賞の連覇など仏G1を6勝)が出ている。

 8月11日にはウッドチップコースで6F83秒6-1F12秒0をマーク。併せ馬で遅れたが、しっかりと追われた。

「ディープ産駒で軽い感じのタイプ。まだ少しピリッとしないところがあるけど、芝なら違うだろうし、長めの距離がいいと思う」と国枝栄調教師。

 鞍上は戸崎圭太騎手を予定している。

◆イルチルコ(牝、父ドゥラメンテ、母ルシルク、美浦・田村康仁厩舎)

 母の産駒はコンスタントに勝ち上がっており、半兄にグランシルク(京成杯AH)、叔父にブレイクランアウト(共同通信杯)がいる。

 8月11日にはウッドチップコースで5F67秒3-1F12秒1をマーク。僚馬を追走し、しっかりと負荷をかけた。

「まだ少し非力でグリップが利かない感じだけど、気持ちはある。背中もいい。本当に良くなるのは先だと思うけど、芝の実戦で持久力を生かしたいですね」と高木調教助手。

 鞍上は三浦皇成騎手を予定している。

【8月22日(日) 札幌芝1800m】

◆レッドランメルト(牡、父ディープインパクト、母クイーンズアドヴァイス、美浦・国枝栄厩舎)

 母はアルゼンチンのG3(芝1000m)を勝っている。父ディープインパクト×母の父Orpenの配合はサトノダイヤモンドなどと同じだ。

 美浦で乗り込み、先週の8月11日はウッドチップコースで5F66秒2-1F11秒4をマーク。古馬を相手に優勢の手応えで先着と好気配だ。その翌日には札幌に向け、トレセンを出発した。

「素直な性格で乗りやすそうなタイプ。しまいの動きがいいし、ディープ産駒らしさがある。馬格も立派だし、この感じなら初戦から楽しみ」と国枝栄調教師。

 鞍上は川田将雅騎手を予定している。

◆ハリウッドフェーム(牡、父モーリス、母ミルクトーレル、美浦・栗田徹厩舎)

 ダンスインザダーク産駒の母はデビュー勝ちを含め、芝1200m〜1400mで3勝した。伯父にマイネルイェーガー(スプリングS3着)がいる。

 8月4日に美浦のウッドチップコースで5F66秒7-1F11秒9をマーク。先週の11日には函館のウッドチップコースで古馬の2勝クラスに先着している。

「ゲート試験に時間がかかったけど、追い切る毎に良くなってきた。パワー型で切れるというより、長く脚を使えそうなタイプ。洋芝で良さを出せればいいですね」と栗田徹調教師。

 鞍上はC.ルメール騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

関連リンク

  • 8/16 18:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます