KAT-TUN中丸雄一はジャニー氏とハワイへ.... 村上信五、 生田斗真、 タッキーも!? 「嵐になり損ねた男たち」

拡大画像を見る

 嵐の二宮和也(38)らが運営するYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』で8月9日、『【夏休みSP!!】日本の夏、ジャにのちゃんねるの夏〜2/10〜』と題した動画が公開された。

 二宮、KAT-TUNの中丸雄一(37)、SexyZoneの菊池風磨(26)、Hey!Say!JUMPの山田涼介(28)のチャンネルメンバーがキャンプ場に向かう道中を収めた今回の動画で、中丸が嵐との意外な繋がりを語る場面があった。

「中丸は移動中の車内で、“僕、嵐のハワイデビューのロケハン、ジャニーさんと一緒に行ってます”“(デビュー会見の)何か月か前に、下見に行ってるんですよ”と、1999年9月にハワイ・ホノルル沖で行われた嵐のデビュー会見の下見にジャニー喜多川さんと行っていたと明かしたんです。

 この話は嵐メンバーである二宮も知らなかったようで、“え!?”と驚いていました」(WEB編集者)

 中丸のエピソードを聞いた菊池は、「じゃあ中丸くんいなかったら嵐ないんすね」とコメント。中丸は「いや関係ないから! 俺ただついて行っただけだから」と菊池にツッコミを入れていた。

「ジャニーさんが特に理由もなく中丸をハワイの下見に連れていったということはないでしょう。2020年12月24日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)の最終回では、二宮、櫻井翔(39)、松本潤(37)の3人で嵐としてデビューする予定があったといい、その3人で1999年8月に米ロサンゼルスを訪れたときの様子を収めたビデオが放送されました。

 また、櫻井はハワイでのデビュー発表会見まで“(嵐は)3人って聞いてて。到着したら『5人で』みたいな……”と話したほか、大野智(40)は会見の1週間前、相葉雅紀(38)は3日前になってグループ入りの話を聞かされたと話していました。

 不動の5人が決まったのはギリギリのタイミングだったようですし、ジャニーさんはもしかしたら、中丸もメンバーに加えるつもりで、会見の数か月前に下見へ連れて行った可能性も考えられますよね」(女性誌記者)

■最後の1人は村上で決まりかけていた!?

『VS嵐』の最終回でも語られていたように、デビュー会見のわずか3日前に嵐入りが決まった相葉。この最後の1枠を巡ってもドラマがあったようだ。

「2019年7月4日発売の『女性セブン』(小学館)によると、相葉が勝ち取った最後の1枠の候補には、関ジャニ∞の村上信五(39)の名前が挙がっていたというのです。ただ、ジャニーさんが最後の最後になって二宮に、“YOU、相葉とずっと一緒にやっているのに、入れてあげなきゃかわいそうじゃん”と話したことで、3日前のタイミングで相葉に決まったそうです。

“嵐の村上信五”は、やはり想像ができないですよね。村上、相葉がそれぞれのグループで大活躍する現在を見ると、ジャニーさんの急な選択は正解だったのでしょうね」(前出の女性誌記者)

 グループに所属せず、俳優として成功を収めている生田斗真(36)。2015年1月放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演した際には、「ジャニーズJr.を集めて嵐を作る、グループができる中に僕は入れなかった人間なんで」と語っている。

「生田は松本、二宮、相葉と同期で、ジャニーズJr.時代にはこの4人でMAINというグループでも活動していました。グループメイトだった松本、二宮、相葉が嵐入りを決める中で、生田も嵐に入れる期待を持っていたのかもしれません」(前同)

■Jr.のためにデビュー保留!?

 2018年5月放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、生田は、「嵐がバンッとデビューしたときに、みんなずっと横一列で楽しくワイワイやってたのが、前後ができるわけじゃないですか。それで、これって遊びじゃなくて仕事だったんだって初めて気づいた」と話している。

「生田がもっと早く仕事としての意識を持ってJr.の活動をしていたら嵐入りも……そんな可能性もゼロではなかったのかもしれません」(前出の女性誌記者)

 嵐がデビューした1999年。このときジャニーズJr.は、メインの番組『8時だJ』(テレビ朝日系)が水曜20時台に放送されるなど、黄金期を迎えていた。

「黄金期のJr.の中でとりわけ高い人気を博していたのが、“タッキー”こと現副社長の滝沢秀明氏(39)でした。2015年4月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)の記事によると、滝沢氏の人気が非常に高かったため、ジャニーズが新しいグループをデビューさせると聞いた当時のジャニーズ担当記者たちは、滝沢氏がメンバー、しかもグループの中心にいるだろうと予想していたといいます。

 しかし、結果としてデビューしたのが嵐。滝沢氏はメンバーにいなかったため、デビュー会見では滝沢氏がいないと驚く記者もいたそうです。ジャニーさんは、Jr.の勢いを維持するため、滝沢氏と今井翼(39)のデビューは保留したと記事では伝えています」(前同)

 滝沢氏と今井は嵐から約3年後の2002年9月にタッキー&翼としてデビューした。

「もし滝沢氏が嵐のメンバーに選ばれて活動していたら、2018年末での引退やその後の副社長就任もどうなっていたかわかりませんよね。メンバー入りの可能性があったタレントも、現在は、それぞれがベストと思える場所で活動できていますし、嵐に入らなかったのはむしろ正解だったのかもしれませんね」(同)

 ジャニーさんの審美眼のすごさを改めて思い知らされる――。

関連リンク

  • 8/16 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます