サークルリーダーが…!また現れた例のヤツ【LINE怖い話 #2/解散して 2】

知らない人からLINEが来る。そんな経験をしたことはありませんか?

多くの人は、詐欺やいたずらだと思って無視してしまうでしょう。でも、中には違和感を覚えるものもあるようです。

LINEの向こう側にいるのは、人間なのでしょうか。それとも……。

「LINE怖い話」では、LINEにまつわる怖い話をお届けします。

「解散して」その2


芹那さんが所属する演劇サークルのグループLINEに、突然脈絡もなく「解散しようよ」と持ちかけてきた、謎のアカウント。

その後、謎のアカウント「(O_O)」はサークルメンバーの質問には何も答えず、演劇サークルは予定していたBBQの当日を迎えます。

芹那さんは当日のことをこう語っていました。

「ひと通りBBQも終えて、缶チューハイなんかを飲みながらサークルの人たちと喋ったりしていたんですよ。川原でのBBQだったので、川に飛び込んだり軽く突き落としたりして遊んでいる人もいました。私は同期とお喋りしてたんですが、あの謎のアカウントの話になった瞬間、川の方が騒然としだして……」

芹那さんが川の方を見ると、サークルリーダーの圭さんが岩場から足を滑らせたと、大騒ぎになっていました。

「もう少しで溺れるところだったみたいです。頭も打っていて、圭さんは病院に運ばれました。幸い命に関わることにはなりませんでしたが、腕を骨折してしばらく入院ということになりました」

芹那さんはまたLINEを見せてくれました。



遠藤さんの問いに、(O_O)は答えてくれませんでした。

「他のメンバーから聞いた話で、私は怖くて試そうとしなかったんですが……。このアカウント、強制的にグループラインから退会させようと思っても、できないんですよ。なぜか

芹那さんは言いました。

不気味なアカウントをグループLINEに残したまま、サークルはそのまま活動を続けることにしますが……。

次回の配信もお楽しみに。

(園田亜真理)

※この物語はフィクションです。実在する人物・団体とは一切関係がありません

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/15 18:30
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます