あの時飲んだお酒は何だっけ?リモート乾杯も出来る「お酒メモアプリ『nomemo』」

拡大画像を見る


tech veinは、気になるお酒を記録できて、友達とのリモート飲み会にも役立つスマートフォン向け無料アプリ「お酒メモアプリ『nomemo』」を8月10日(火)に正式リリースした。

リモート乾杯を楽しむ事も

「お酒メモアプリ『nomemo』」は、自分が飲んだお酒を忘れないように記録出来る無料モバイルアプリだ。

飲酒中でも利用しやすい使い勝手を目指して制作しており、合計3200種類を超えるお酒の中から飲んでいるお酒を選んで記録するだけで、後から飲んだお酒を思い出すことができる。お酒の種類は随時追加しており、アプリ利用者が自分で追加することも可能。

さらに、遠隔での飲酒コミュニケーションを促進するため、友達同士でアプリ内で繋がることで、遠隔で乾杯するなどお酒をテーマに交流を楽しむこともできる。

背景

昨今、新型コロナウィルス感染症の流行により、友人・同僚とのコミュニケーションをとりづらい状況が続いている。2月の広島市の調査では48.3%の人が新型コロナウイルス感染症の流行により、ゆううつな気分になることが増えたと答えているという。また、昨年の厚労省の自殺率調査で前年比4.5%も増加している。特に飲酒を伴うコミュニケーションは度重なる自粛要請で大変困難になっている。

同アプリは飲んだものを記録できるアプリとして一人飲みに役立てつつ、ソーシャルネットワークサービス上での「乾杯」を通じて、オンラインで密になることなく飲酒を伴うコミュニケーションを促進し、コミュニケーション不足によるストレス軽減に貢献する。

なお、対応OSは、iOS/Android、価格は無料(広告あり)となっている。

「お酒メモアプリ『nomemo』」を利用して遠隔で友人・同僚と乾杯を楽しんでみては。

  • 8/15 22:08
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます