ちょっと失礼じゃない?【女友達に見下されがち】な女性の特徴!

拡大画像を見る

友達とは、本来対等な存在です。しかしながら、女性は特に友達の中でも「この子はリーダー格」や「この子には何を言っても良いし、雑に扱ってもOK」のようにランク付けをしてしまう人が多いと言われています。そんな風に女友達に見下されると、友達といてもイライラすることが増えてしまうでしょう。では、どんな女性は女友達に見下されがちなのでしょうか。特徴をチェックしてみましょう。


行動がスローペース

普段からマイペースでのんびりしている人は、女友達に見下されることが増えてしまうようです。のんびりとしている人は話し方もおっとりしている人が多く、怒っても怖くないと思われてしまうこともあります。そのため周りから見下されて、周りがやりたくないことなどを押し付けられてしまうこともあるのです。それに対してしっかり抗議しないと、状況は変わらないかもしれません。


思ったことを伝えるのが苦手

口下手で自分の意見を言うのが苦手だったり、空気を読みすぎて嫌だと思ったことを伝えるのが苦手だったりする女性も、見下されがちなので注意が必要です。普段から「何を言っても良い」と思われて、いじられキャラになってしまうこともあるでしょう。また、言葉の選び方が独特で自分の気持ちをしっかり伝えられない人も注意が必要です。嫌なことは単純な言葉でシンプルに伝える癖をつけないと、見下されたままかもしれませんよ。


目立った長所がある

もちろん、友達グループの中で目立った長所がある人も見下される可能性は高くなります。美人だったり頭が良かったり、コミュ力が高くて色々な人に愛されるなどの要素は嫉妬される原因となるでしょう。それで気が強ければリーダー格として一目置かれますが、気弱だったり自己主張が苦手だったりすると、見下される側に回ってしまうので注意しておきましょう。


見下されていじられるのが嫌ならはっきり伝えてみよう!

いじられキャラでいることがストレスにならないのであれば問題ありませんが、常に見下されていじられると嫌な気分になることもあるでしょう。そういう自分への扱いが嫌で、それでもグループの友達自体が嫌いなわけではないのであれば、はっきり自分の気持ちを伝えてみましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/15 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます