結婚式で発覚、新郎は新婦の叔母と過去に交際。当日まで気づかなかったワケは…

拡大画像を見る

「結婚式」。それは親しい人たちに囲まれながら、2人が一生の愛を誓い合う心温まるイベント……のはずですが、思わぬ事件が多いのもまた結婚式というもの。

 今回は結婚式で、「衝撃の事実」を知ってしまった、A子さんの体験をご紹介します。

◆スピード入籍した後、結婚式をあげることに

 都内に住むA子さん(27歳)は、7歳年上のBさんと、共通の知人を通して出会いました。

 BさんとA子さんとはスポーツや映画鑑賞などの趣味も合い、デートを重ねるごとに2人の距離は縮まっていったそうです。

「おたがい、結婚について真剣に考え始める年齢でもありました。Bは一緒にいて楽しく、すぐに『結婚するならこの人しかいない』と思うようになりました」

 そして、二人はなんと交際3ヶ月でスピード婚をすることに。

 A子さんとBさんは婚姻届提出後も、結婚式の手配やウェディングドレス選びなどで、忙しくも幸せな時間を過ごしていました。

 そして、大きなトラブルもなく、結婚式当日を迎えたのですが…。

◆式の雰囲気がどことなくおかしい…

 二人の結婚式当日、幸せな雰囲気一色かと思われた会場には、どこか不穏な空気が流れていたといいます。

「式が始まる前から、なんだか私の親族の様子がおかしいんです。笑顔で『おめでとう』もないし、母の妹である叔母がなぜか式の最中、ずっとうつむいているし、すごく謎でした」

 ですが、その微妙な雰囲気のまま、二人の式は続きました。

 ここで、A子さんはもう一つのことに気が付きます。

「私の叔母だけでなく、Bの様子も変だったのです。どこか落ち着かない様子で、式の途中にトイレに立つことも何度もありました」

 叔母と夫・Bさんの普段とは違った態度から、嫌な予感がしてきたA子さんは、席を外した彼を追いかけて直接聞いてみることに。

「そうしたら、『ごめん、俺、とんでもないことに気づいてしまった。A子の叔母さん、前に俺が付き合っていた人だ』と」

 叔母さんは末っ子で、A子さんの母とは15歳も年が離れており、A子さんとも10歳違いと、若かったのです。突きつけられた衝撃の告白に、式中にも関わらず、A子さんは放心状態になってしまったそうです。

◆当日まで叔母も気が付かなかった理由

 しかしなぜ、この事実が式の当日までわからなかったのでしょうか。

「Bが直接会って挨拶をしたのは私の両親だけでしたが、招待状を送っているのでBの名前は叔母も含めた親族全員が把握していたはずです」

 A子さんがのちに聞いた話によると、なんとBさんと叔母は、以前、婚活サイトを通じて知り合い、交際をしていたそう。

 Bさんはフリーランスで仕事をしていて、叔母には仕事上のビジネスネームを名乗っていたようなのです。

「Bの本名を知らないまま交際していたから、招待状でBの名前を見ても気づかなかったようなのです。ところが式の当日、叔母は顔を見て『まさか……?』と思っていたところ、新郎の友人がスピーチで『彼は××という名前で仕事をしている売れっ子で……』と褒めたことで、身バレしちゃったんですね」

◆二股ではなかったものの…

 叔母さんはBさんと交際していた頃、結婚を意識するようになっていきました。ところが叔母さんの気持ちと反比例して、だんだんBさんからの連絡が途絶えていきます。

 叔母さんは、Bさんの気持ちを確かめてみたところ、「もう君のことは好きじゃない。やっぱり年上の女性は荷が重い」と言われてしまいました。

 叔母さんは大きなショックを受けたものの、前を向かなければと、すぐにBさんと別れたそうですが……。

「傷心が癒えないまま姪の結婚式に出席したら、その姪の相手というのがまさかの自分の元カレというわけです。びっくりしないわけがありませんよね……」

 叔母さんがBさんに別れを告げられたタイミングと、A子さんがBさんと交際をスタートさせたタイミングもぴったり一致していたのだとか。まさかの「叔母から姪への乗り換え」だったのです。

◆夫婦と叔母との関係は…

 決して二股をかけていたわけではありませんが、叔母さんとあまりいい別れ方をしなかったBさんは、A子さんに平謝りだったそうです

「Bは猛省しているようで結婚式後に5キロも痩せてしまって。叔母さんへのことも真摯に受け止めているようです。私も複雑ではありますが、彼のように気が合う人はなかなかいない。しっかり話し合っていきます」

 しかし、A子さん夫婦と叔母さんとの関係は複雑な状況が続いているそうです。

「世間は狭い」とはよく言いますが、皆さんはこんな冷や汗をかくような経験をしたことはあるでしょうか。どんなところで世間が繋がっているかわからないので、どんな相手にも誠実に対応した方がよさそうです。

 それにしても、叔母さんとA子さん、どことなく雰囲気が似ているそう。Bさんの好みのタイプだったのかもしれませんね。

―結婚式のトンデモ話―

<文/ブラインドライターズ 史奈 イラスト/カツオ>


関連リンク

  • 8/15 15:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます