衝撃の味! 新潟・長岡のソウルフード『松キッチン』の「洋風カツ丼」とは?

 日本屈指のグルメ県でもある新潟県。お米、魚、農産物……様々な名産がありますが、ここ新潟の長岡には「洋風カツ丼」というソウルフードがあります。もともとは戦前より長岡市内にあった『小松パーラー』という洋食店が考案したもので、まだ情報が乏しい時代にデミグラスソースの作り方がわからず、醤油とケチャップをベースにしたソースを「洋風」としたところ、地元で親しまれるようになったそうです。

 現在、長岡市内にはこの影響から「洋風カツ丼」を打ち出す洋食店が数多く存在しますが、大別すると「小松パーラーの流れを汲む店」「デミグラスソースを使った店」があるようです。

 このうち、『小松パーラー』で実際に働いていたスタッフが味を引き継ぎ、古くから伝わる長岡ならではの「洋風」を打ち出す店が、『松キッチン』です。

 かつては実店舗での営業だったそうですが、諸事情ありいったん閉店。その後、昨年9月より、長岡市のランドマーク的存在でもある『ながおか花火館』のフードコートに改めて出店したのだそうです。

 そのメニューを見ると、カレーやカツ、ハンバーグなどがズラリと並んでおり、どれもデミグラスソースっぽいビジュアルですが……ありました! 「昔ながらの洋カツライス(850円)」! さっそくいただいてみることにします。

なんとも形容しがたいソースの味こそが「洋風カツ丼」の決め手!

 県外の筆者にとって、味を想像することが全くできませんでしたが、着丼した「昔ながらの洋カツライス」にはライスの上には豪快にとんかつが覆っています。さらにその上には、オレンジ色のソースがドバッとかけられており、かわいいたこさんウインナーと漬物が添えられています。

 まずは洋風ソースからいただきましたが、かなり独特の味! 確かに醤油とケチャップの風合いもありますが、塩味は控えめでどことなく甘味もあり、これまでに一度も口にしたことがない味。かと言って食べにくいものではなく、小さなお子さんから年配の方まで、誰でも美味しくいただける味のようにも思います。

 他方、写真の通り、カツとライスの上にドバッとかけられているため、ある意味ではカツカレーのように、この洋風ソースが「洋風カツ丼」全体の味を決めています。かなり珍しい味ですが、慣れ親しんだ人にとっては忘れることができない、まさにソウルフードと呼ぶにふさわしいものだと思います。

「洋風カツ丼」の草分け・小松パーラーの味を未来に引き継ぐ!

 いただいた後、『松キッチン』の関係者の方にも話を聞いてみました。

「長岡の『洋風カツ丼』のルーツとなる『小松パーラー』の味をそのまま継承するのが、私たちのコンセプトの一つです。お店では、デミグラスソースを使ったメニューも数多くご用意していますが、やはり地元の方の中には『昔ながらの洋カツライス』をお目当てにいらっしゃる方も多いです。

 実店舗を諸事情あって閉店したのですが、ご縁あってながおか花火館のフードコートで再度お店を出すことができました。長岡ならではの「洋風カツ丼」のソース、最初は驚かれるかもしれませんが、是非ご賞味いただきたいです。病みつきになる方も結構いますよ」(松キッチン・関係者)

「昔ながらの洋カツライス」のソース、筆者的にはサラダやパスタにも合いそうに思いました。この不思議で病みつきになる、ここでしか味わうことができない逸品メニュー。長岡へ行く機会があれば、食べてみてはいかがでしょうか。

(撮影・文◎松田義人)

●SHOP INFO

店名:松キッチン

住:新潟県長岡市喜多町707 ながおか花火館 フードコート
TEL:0258-86-7766(ながおか花火館)
営:11:00~20:00
休:施設に準ずる

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/15 10:47
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます