鈴木光司と松原タニシの「解明不能な体験談」に高崎かなみが悲鳴

拡大画像を見る

8月15日(日)23時から、鈴木光司と松原タニシが「謎のラジオ局の」「実在するか不明なラジオ番組でトーク」という設定で、互いに自身の豊富な「霊体験」「オカルト体験」を披露する『恐怖夜行』(BSテレ東)の第2怪「都市伝説」が放送される。

鈴木が『リング』誕生にリンクするような解明不能な体験談を話せば、タニシは過去に住んでいた事故物件で留守録に入っていたという「心霊音」を聴かせ、アシスタントの高崎かなみを凍りつかせる……。

第1怪「心霊」では、タニシが“霊からの電話”という体験談を披露。実際に留守録があるというと鈴木は「聞きたい聞きたい」と前のめり! 高崎は「やだっ」と顔をゆがめ……。

今回のトークテーマ「都市伝説」はいかにして生まれ、拡散するのか!? 日本で70年代に社会現象となった「口裂け女」、アメリカの「消えるヒッチハイカー」といった都市伝説の定番を紐解き、その以前に発生した未解決猟奇事件などをもとに様々な仮説を披露する。

さらに、鈴木は都市伝説がきっかけで生まれたというホラーストーリーを展開、タニシは怪談コーナーで「30年以上土の中で生き延びた人がいた」伝説を語るほか、高崎も「知ってる!」という「きさらぎ駅」の話にもトークは及ぶ。

関連リンク

  • 8/15 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます