3回目のデートでも進展ゼロ。不審に思った女が、男の”裏の顔”を探ってみたら…

目まぐるしい東京ライフ。

さまざまな経験を積み重ねるうちに、男も女も、頭で考えすぎるクセがついてしまう。

そしていつのまにか、恋する姿勢までもが”こじれて”しまうのだ。

相手の気持ち。自分の気持ち。すべてを難しく考えてしまう、”こじらせたふたり”が恋に落ちたとしたら…?

これは、面倒くさいけれどどこか憎めない、こじらせ男女の物語である。

◆これまでのあらすじ
志保の友人・美玲が、恋人・雅人さんと同棲を始めた。志保が新居に遊びに行くと、そこには雅人さんの友人であるショーンがいた。イケメンハーフのショーンは終始素っ気ない態度だったのだが、翌日、志保の元に一通のLINEが届く…。

▶前回:「この人、何が目的なの?」32歳バツイチ女が突然、初対面の男性から連絡先を聞かれて…


― 天は二物を与える。

ショーンを見て、一番に思ったことだった。ここ東京には、天から何物も与えられた人間が数多く生息している。

ショーンのルックスは私のドストライクだったけれど、客観的に見てもその容姿の良さは群を抜いているはず。

あの面食いの美玲が第一声で「めっちゃイケメン」と教えてくれたぐらいだ。

それに加え、早稲田卒の外コン勤務というステータス。身長もゆうに180cmは超えていた。声もセクシーで魅力的。

”東京の男の魅力”を寄せ集めた、完成形。そんな感じの男性が、ショーンだった。

けれど、妙なことが起きるものだ。

ショーンと出会った翌日、彼からこんなLINEが届いた。

<ショーン:ずっと在宅だと、なかなか切り替え難しいですよね。家もご近所みたいなので、今度息抜きがてらごはんでも行きましょう!>

少々まどろっこしい言い回しだが、私を食事に誘ってくれているらしい。

果たしてこれは社交辞令なのか?それとも、デートの誘いなのか?

彼が何を考えているかわからなかったが、それはこのときだけの話ではなかった。

ショーンの行動はいつも私を混乱させる。私はこの後もずっと、ショーンに振り回され続けることになったのだ。

ショーンから食事の誘いを受けた志保だが、ショーンの行動には疑問点が多く…

麻布十番に住むショーンと、恵比寿に住む私。確かにそう遠くはないものの、正直、ご近所とも言い切れない距離感な気がする。

食事に誘うための口実を、無理やりつくってくれたのだろうか?私のためにそんなことを?

ショーンが何を考えているのか全く分からなかったけれど、誘いを断る理由はなかった。あのご尊顔をもう一度拝みたい。そのモチベーションだけに突き動かされ、私は彼からの誘いを快諾した。

そして、とある水曜日。18:30。

待ち合わせ場所である恵比寿像前を目指して歩いていると、まだ距離は遠いながらも、私を待つショーンの姿が目に入ってきた。

スラっとしたスタイルに、異国情緒あふれるオーラ。マスクをしていても滲み出る色気を隠しきれず、近くを通る女性はみな彼を二度見する。

― こんなカッコいい人と、今からデートするんだ…。

ふと、そんな事実が誇らしくてたまらなくなった。…けれど、同時に少し怖くもなった。

少し脇道に逸れマスクを外し、スマホをインカメにして自分の顔を確認する。

―…大丈夫だよね。メイク崩れてないし、顔もむくんでない。…大丈夫。自分が一番綺麗に見えるメイクも髪型も、完璧にキメてきた。マスクをすれば、美人にみえるはず…。

そしてスマホのカメラをオフにして、美玲とのLINEを見返す。ついつい弱音を吐いてしまったときのやりとりだ。

<美玲:志保、自分が思っている以上に美人だよ?メイクしたら更に別人になるわけだしさ>
<志保:ひどい、元旦那にもいじられてたコンプレックスを!(笑)>
<美玲:ごめんごめん、でも、本当に綺麗だと思うからこうやって言えるんだよ。自信もって>

もともと地味な顔立ちがコンプレックスで、元旦那には「スッピンがブスだ」とずっと言われ続けていた。その事実は、化粧をして綺麗になった状態でも、じわじわと私の自信を蝕む。

ショーンみたいな、圧倒的な造形美を目の前にすると、その負の感情がどうしても蘇ってしまう。

けれど、地味な顔は化粧映えする。きちんとメイクをしていれば、美人だとチヤホヤしてもらえる。

それに、今日はショーンから誘ってくれたデートだ。カメラに映った綺麗な自分と親友からの言葉に勇気づけられ、私はショーンの元へと急いだ。


「ショーンくん、お待たせしました!」

そう言って駆け寄る私に気がついたショーンは、手元のスマホから顔を上げてこちらに笑顔をむける。前回会った時には気が付かなかったが、彼の瞳は、色素の薄い綺麗な色のグレーだった。

「全然待ってないですよ、行きましょうか」

2人きりだから当たり前かもしれないが、ショーンの態度に先日のような素っ気なさはなく、むしろ親しみやすささえ感じる。

「お腹すきましたね」
「予約したイタリアン美味しいんで、楽しみにしててくださいね」

何気ない会話をしながら歩くその時間を、私はすでにとてもかけがえのないもののように感じ始めていた。

志保とショーンが食事に行くのだが、意外と

「志保さんって、お仕事なにしているんでしたっけ?」
「外資系のメーカーでマーケティングやってます!ショーンくんは、コンサルだったよね?」
「うん、僕はコンサル。マーケティングなんてカッコイイな~」

食事中は、敬語を混ぜながら当たり障りのない会話が進んだ。正直、その場がとても盛り上がったというわけではない。

…それなのに、私はどうしようもなく気分が高揚してしまった。彼と一緒にいるだけで楽しくてしょうがなくて、帰りたくないと思ってしまう。

― ショーンは、楽しんでくれているのかな…。もしかして、改めて私の顔を正面からみて、幻滅しちゃったかな…。

彼がどう思っているか掴めないまま、あっという間に20時になってしまった。

「ご馳走になっちゃってすみません、ありがとうございます!」
「いえいえ、僕がお誘いしたので」

もっともっと話がしたい。恋愛の話にも踏み込んでみたい。まだ20時。…なにより、もっと一緒にいたい。

…けれど、そんな思いを口にできるほど、私は素直じゃなかった。面倒くさい女だとも思われたくない。ガッツいているとも思われたくない。

「また行きましょうね」
「はい、是非また」

色んな思いが交錯する中、断腸の思いで絞り出した帰宅を示唆する言葉は、あっさりと受け入れられてしまった。

ショーンは、あまり楽しくなかったということだろうか。

私はとても楽しい時間を過ごしたのに、あっという間に帰らなくてはいけないモヤモヤを抱えながら、帰路についた。

しかし…。


その後もまた、2回もショーンから食事のお誘いがあったのだ。いずれも、水曜日に、18:30に待ち合わせをして、20時までご飯を食べるだけのデート。

毎回楽しいのだけれど、突っ込んだ話をするには時間が足りない。もっと一緒にいたいと言えるような関係値にまで発展せず、モヤモヤとした思いを抱えたまま帰宅する。

食事に誘ってくれるということは、少なからず私に興味はあるのだろう。けれど、恋愛の話には発展したことはない。一応3回もデートしたけれど、付き合うような気配もない。

ついつい、ふとした瞬間にショーンのことを思い出しては、彼が何を考えているか思いを巡らせてしまっている自分がいる。

そんな、ある日のことだった。



「志保、お疲れ」

会社のトイレでメイク直しをしているとき、同僚の真紀子と久々に顔を合わせた。

「真紀子、今日出社してたんだ!」
「うん、ちょっと商品サンプルの整理したくてね~」

基本在宅勤務だから、こうしてたまに出社すると同僚に会えるのが嬉しい。ついつい井戸端会議に花が咲いてしまう。

「…あ、そういえば真紀子って、もともとコンサルからの転職だったよね?」

仕事の話になったとき、ふと彼女がショーンのいる会社から転職してきたことを思い出した。

「そうだよ~。転職してもうすぐ1年かな~」
「そういえば、ショーンくんって知ってる?友達が仲良くてさ、この前飲んだんだよね」

とくに深いことを考えずに、ただお喋りが楽しくなってしまった勢いのまま、そんなことを口走ってしまった。

「あ~、あのハーフのイケメンね!知ってるよ!いっつも六本木か西麻布にいそうな子ね。結構派手に遊んでるみたいだよね~。志保、気を付けて」
「いや、私はそんなんじゃ…」

そこで言葉が詰まってしまった。

「じゃあ私もういくね」と、カラッとした笑顔で真紀子はデスクに戻り、私はメイク直しを続けるふりをしてその場にとどまった。

そして、鏡に映る自分をじっと見つめた。

ショーンの第一印象は確かに、”遊んでいそう”というものだった。でも、3回のデートを経て、それはあくまでイメージに過ぎなかった…と思えていたのに。

第三者の口から聞くと、忘れかけていたよろしくない第一印象は、一気に現実味を帯びてくる。

― やっぱりショーンは遊んでいるんだ。私はキープされている大勢のうちの一人なのかな…。

自分の顔を見つめながら、どんどん気分が沈んでいく。

化粧しても、やっぱり私ってブスなのかな…。全然関係ないところでもどんどん自己肯定感が下がっていく。

抱いていた淡い期待が、ただの妄想に過ぎなかったように思えてきてしまった。

このときは、ショーンが本当は何を考えているのか、全く知らなかったから。


▶前回:「この人、何が目的なの?」32歳バツイチ女が突然、初対面の男性から連絡先を聞かれて…

▶Next:8月22日 日曜更新予定
ショーンはやはり遊び人?彼が胸の内を明かす…。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/15 5:04
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます