【コスモス賞結果】トーセンヴァンノがV ヴァンキッシュラン産駒はJRA初勝利

拡大画像を見る

 14日、札幌競馬場で行われたコスモス賞(2歳・OP・芝1800m)は、2番手でレースを進めた山田敬士騎手騎乗の4番人気トーセンヴァンノ(牡2、美浦・小桧山悟厩舎)が、4コーナーで先頭に立ち、外から詰め寄った3番人気エーティーマクフィ(牡2、栗東・武英智厩舎)を振り切って、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒3(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に1番人気フィフティシェビー(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)が入った。なお、2番人気セプテンベル(牝2、美浦・武井亮厩舎)は6着に終わった。

 勝ったトーセンヴァンノは、父ヴァンキッシュラン、母トーセンソニア、その父ファンタスティックライトという血統。ここまでのデビュー3戦はすべて1200mで2着が最高だったが、一気の距離延長をこなして初勝利を挙げた。

関連リンク

  • 8/14 15:27
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます