松本人志の発言で注目!「コア視聴率が重要な理由」丸わかり解説

拡大画像を見る

 ダウンタウンの松本人志(57)が6月14日、ツイッターで「ネットニュースっていつまで“世帯”視聴率を記事にするんやろう?」とコメント。 これは6月12日に放送され自身が出演した番組『キングオブコントの会』(TBS)が視聴率で苦戦したと報道されたことに関しての投稿で、おなじくツイッターで「コア視聴率が良かったんです」ともコメントした。

※動画は「taishu.jp」で

 この「世帯視聴率」と「コア視聴率」の違いについて、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、いまテレビ業界で注目されている「コア視聴率の仕組み」について、また「コア視聴率が重視されている理由」について、さらに現在のテレビ業界と過去のテレビ業界で「変わってしまったスポンサーとの関係」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は、タレントの石岡真衣さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/_eqblNHTJF8

関連リンク

  • 8/14 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます