【中間速報】「女子高生ミスコン2021」中部エリア、暫定上位5人を発表<日本一かわいい女子高生>

【モデルプレス=2021/08/14】“日本一かわいい女子高生”を決めるコンテスト「女子高生ミスコン2021」は13日より中部エリアの『投票サイト powered by モデルプレス』をオープンし、SNS審査を実施中。14日、上位5人の中間速報が発表された。

◆中間速報/「女子高生ミスコン2021」中部エリア

「Twitter投票数」1位:かりん

「モデルプレスアプリ投票数」1位:あんず

「ページ閲覧数」1位:じゅら

「リツイート数」1位:あいの

「総合ポイント数」1位:あず

SNS審査は、「Twitter投票」「モデルプレスアプリ投票」「リツイート数」「思春期録Instagram審査」「ページ閲覧数」「LINELIVE審査」「mysta審査」「TikTok審査」「総合ポイント数」を審査項目として実施。加えて面接や動画の審査に比重を置いて「47都道府県代表」を選出する。

22日まで審査が行われ、結果は23日にモデルプレスにて発表予定。中部エリアは、21人(都道府県代表10人+SNS代表11人)が次の審査へと進むことができる。

{アプリ投票button|アプリ投票はこちら|2716909|43}
なお中部エリアは、愛知県、岐阜県、静岡県、富山県、長野県、新潟県、福井県、石川県、三重県、山梨県からエントリーした高校生が対象。

◆「女子高生ミスコン2021」全国6エリアでSNS審査を実施

「女子高生ミスコン」は、今年度も「北海道・東北」「関東」「中部」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の6エリアでSNS審査を実施。エリアごとに設けられた投票サイトにて、候補者たちが競い合う。

6エリア合計で、SNS審査による「SNS代表」60人に加え、「都道府県代表」47人、シードオーディションファイナリスト5人の全112人が次の審査へと駒を進める。

※「女子高生ミスコン2021」の問い合わせ
下記「女子高生ミスコン」運営メールアドレスまで。
support@jkmisscon.jp

◆「女子高生ミスコン2021」今後のスケジュール

今年度は高一ミスコングランプリを含む全13人をファイナリストに選出し、ファイナル合宿(レッスンや撮影、イベント参加)を実施。そして12月12日(予定)に東京で行われる本選で、“日本一かわいい高校生”の称号をかけて競い合う。なお、グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「女子高生ミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝する、PR大使に任命される。

8月13日~8月22日:SNS審査 by モデルプレス
8月23日:セミファイナリスト(ベスト112)発表
10月上旬:ファイナリスト発表
10月中旬~12月12日:週末にファイナリスト合宿
10月28日~12月12日:ファイナル投票
12月12日:グランプリ発表

※スケジュールは予告なしに変更する可能性あり

◆「女子高生ミスコン」とは

「みんなで選ぶ、日本一かわいい女子高生」をコンセプトに掲げ、全国開催になって今年で7回目を迎える、女子高校生限定のコンテスト。SNS投票など女子高生の生活に即した審査方法が取り入れられ、事務所に所属していない女子高校生であれば誰でも参加することができる。

昨年度グランプリを獲得したひっかは、コンテスト中に「TEENS専属モデル」に抜擢され、今後の活躍も注目される。

また2016年に出場した中町綾は、Abemaで配信された恋愛リアリティーショー「真夏のオオカミくんには騙されない」(シーズン2)に出演し、現在人気YouTuberとして活躍。2019年に出場した粕谷音は、「今日、好きになりました。」に出演し、現在も大手メーカー等の広告モデルやドラマの主演などに起用され、幅広い活動を続ける。

また、2019年度グランプリのあーーゆは、コンテスト終了後に大手芸能事務所「avex」への所属が決まり、「少年サンデー」の表紙にも抜てきされるなど多方面に活躍。毎年多数の次世代スターを輩出しており、近年の芸能界の登竜門ともなっている。

◆「男子高生ミスターコン2021」も開催

また“日本一のイケメン高校生”を決める「男子高生ミスターコン2021」も、 8月20日より「投票サイト powered by モデルプレス」にてSNS審査がスタート予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/14 18:20
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます