松丸亮吾、“差別発言”の兄・DaiGoに長文送る「ちょっとは効いたんだろうか」

【モデルプレス=2021/08/14】“謎解きクリエイター”でタレントの松丸亮吾が13日、自身のTwitterを更新。兄でメンタリストのDaiGoによるYouTube内での発言に言及した。

◆松丸亮吾の兄・DaiGo、差別発言で物議

7日に更新したYouTube動画で生活保護受給者に対し「僕は生活保護の人たちのために税金納めてるんじゃないからね。生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら猫を救ってほしいと僕は思うんで」と発言したDaiGo。

また「ホームレスの命はどうでもいいっていうか、どちらかというといない方がよくない?ホームレスって。本当に言っちゃ良くないこと言いますけど」などと続けていた。

これに対しネット上では「差別」であると捉える声が上がり、様々な意見が飛び交っていた。

弟である松丸は自身のTwitterで「今まで兄が炎上しても『また炎上してんな〜〜』くらいにしか思ってなかったし触れないようにしてたけど、人の命を軽く見る発言だけはさすがにダメです。それだけは絶対に許されない」と意見を明かし「今度会ったら絶対に論破するまで怒り続けます。今回ばかりは兄がおかしい。ごめんね」とDaiGoの発言について詫びていた。

◆松丸亮吾、兄の“差別発言”に長文送る

DaiGoは13日に生配信で発言を謝罪。

これを受け松丸は自身のTwitterで「感情・倫理観で話しても絶対伝わらない相手だと思ったから、ひたすらに否定の余地がない事実ベースでどこが間違ってるか、いかに勉強不足で無知な発言をしたかを兄に超長文で送りつけて話したわけだけど」と長文を送ったことを明かし「今日の謝罪動画の喋り出しが『勉強不足でした』だったからちょっとは効いたんだろうか…」とつづっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/14 11:42
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます