<純烈物語>今秋公開 映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』のはじまり― 酒井が口にした夢を山本康平は憶えていた

拡大画像を見る

―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー ~純烈物語」]―

◆<第109回>『スーパー戦闘 純烈ジャー』のはじまり―― 酒井が口にした夢を山本康平は憶えていた

 2018年10月5日、東京ドームシティラクーアガーデンステージでは純烈9枚目のシングル『プロポーズ』出荷10万枚突破を記念した“大ヒット御礼イベント”が、雨天の中でおこなわれていた。そこはかつて、ヒーローショーが開催された後楽園ゆうえんちがあった場所。

『百獣戦隊ガオレンジャー』で酒井一圭と共演した金子昇、『忍風戦隊ハリケンジャー』へ白川裕二郎とともに出演している長澤奈央がゲストで来場し、それぞれかつての盟友に花束を贈呈。両作品のオープニング曲をメンバーと歌うなど、特撮ヒーローに寄せたステージとなった。

 このイベントに東映特撮ファンクラブ(TTFC)の番組『忍び道』で取材へ来ていたのが、山本康平。ハリケンジャーではハリケンイエロー役で、白川や長澤と苦楽をともにしている。

 出役で呼ばれたわけではなかったのだが、酒井にステージへ誘導された山本もかつての仲間たちと『ハリケンジャー参上』を歌った。実はこのイベントが、9月10日公開映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』の源流と言えるのだ。

◆東京ドームでヒーローショーと歌謡ショーを合体させたものをやりたい

「あのステージ上で酒井君が『もしも紅白歌合戦に出場できたら、純烈としていつか東京ドーム公演をやるのが次なる夢。そしてヒーローショーと歌謡ショーを合体させたものをやりたい』って言ったんです。『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』(2013年、東映ビデオ)へ出てもらった時に『すげーっ、本当に歌手やってんだ! あっち側にいったんだなあ……』と思っただけに、戦隊についてそんな夢を持っていたのかって驚きました。

 ただ、そのあと紅白初出場が決まって、手が届かぬような存在になったじゃないですか。そんな中で、自分の別企画を東映さんへ持っていった時に『以前、ヒーローモノをやっていた純烈で何かできないか』と名前を出されたんです」

 あの日、酒井が口にしたことを山本はずっと頭の片隅へ残していた。紅白出場アーティストとなった純烈を引っ張り出すハードルは世間的価値観に当てはめると、けっして低くはない。

 じっさい、山本は「どうですかね……純烈は難しいと思いますよ」と、安請け合いしなかった。それは、自身の中にあったかつての仲間との距離感から弾き出された答えでもあった。

 ラクーアにおける酒井の発言を憶えていなかったら、話はここで終わっていただろう。「まあ、聞いてみるのはタダだし、酒井君もそういう話をしていたし……」と、山本はわずか2、3行の簡潔なメールを送ってみた。

「どんなことがやりたい?」
「映画をやりたい!」

 酒井からの提示は、この時点でド直球なほど明確だった。純烈にとってラッキーだったのは、山本が単なる伝書鳩ではなかったことだ。

 役者であるとともに、自身でプランを立て企画書を作成できる人間だった。“10 YEARS AFTER”もハリケンジャーに対する強い思いによって、長澤とともに自ら動いて作品化させたものだ。

「この世界に入る前から、こういうのをやろうよと自分から言うタイプではありました。芝居が好きだから自分も演じるけど、性格的に派手ではないので制作に関わるのは合っているんだと思います。それで10 YEARS AFTERの時に初めて企画書というよりも台本を何回も書いては出して、最終的には脚本家の宮下隼一さんにお願いしたんですけど、こちらの台本を踏襲していただいて。

 純烈の名前を出した方の一人が純烈ジャーのプロデューサー・中野剛さんで、10 YEARS AFTERもやっていただいたんです。その中野さんから企画書を書くように言われたので、この話はいけると思いましたね」

 世は新型コロナウイルスの影響が顕著化し、1度目の緊急事態宣言が検討され始めた時期。純烈のライブスケジュールが次々と消えていく中で酒井に時間ができ、プロデューサーや東映サイドも含めたミーティングの場が持たれた。

 会うまでは、純烈らしく笑いに特化したものを提案されると想定していたのだが、特撮戦隊ヒーロー作品をガッチリやりたいという酒井の情熱が伝わってきた。ただグループの特色を踏まえると、当然ながら劇場に足を運ぶ対象はマダム層が中心となる。

◆酒井君は「心配しないでください。絶対に問題ないです。おばちゃんたちはついてきてくれます!」と断言するんです

「本来ならばヒーローモノはチビっ子と特撮ファンに向けてのものとして作りますけど、純烈が絡むとなるとそこは変わってきますよね。当然、変身することや戦闘シーンについて理解してもらえるか話の中で出たんですけど、酒井君は『心配しないでください。絶対に問題ないです。おばちゃんたちはついてきてくれます!』と断言するんです。そこまで言うなら、酒井君を信じてやりましょうと。

 ムード歌謡グループをやると聞いた時も、酒井君の考えていることは突飛すぎてわからないというのが正直なところだったんです。『クラッシャーカズヨシ~怒る~』の撮影中に脚を骨折して見舞いにいったんですけど、そういう話はまったく出なくて。あとになって脚を天井から吊るされながらそんなことを考えていたのかってわかるという。だから強いですよね。今回も映画一本で出してきたから、あとはどう動けばいいかだけだった」

 ハリケンジャーのオーディションに受かり、右も左もわからずこの世界へ飛び込んできた山本にとって、酒井はスーパー戦闘シリーズ前作に出演していた1つ上の先輩となる。後楽園ゆうえんちが東京ドームシティアトラクションズに生まれ変わったあと、現ミーツポートと隣接する場所に野外劇場「スカイシアター」があった。

 そこで開催されるヒーローショーに酒井が出ていて、山本も見にいった。Vシネや『忍風戦隊ハリケンジャーVSガオレンジャー』の撮影で一緒になるとアドバイスをしてくれる兄貴的存在であり、イベントにも呼んでもらったことがあった。

 そんな関係にあった酒井と、何よりもハリケンジャーでいいことも悪いことも経験した白川と一つのものを生み出せるのは嬉しかった。自分で企画を立て、制作がスタートして会話をすると何度となくあの頃の情景が蘇ってきた。

◆制作だけでなく、役者として加わることによって撮影時の空気感を4人のメンバーと共有

『スーパー戦闘 純烈ジャー』の三井康助役だけでなく“企画協力”として山本がクレジットされているのは、以上の経緯があってのものだ。その実行力……いや、機動力といった方がいいだろう、迅速な動きによって話は円滑に進み、純烈初の映画作品は形となったのだ。

「企画を立てる時に、自分も(演者として)出させてくださいって頼みながらやりました。さすがに出演しないと、僕も事務所(太田プロダクション所属)に言えなくなっちゃうんで、ハハハ。『あいつは自分も出ないのに何やってんだ!』ってなるじゃないですか」

 制作だけでなく、役者として加わることによって撮影時の空気感を4人のメンバーと共有できた。山本はメイキング用の映像も自分で撮った。

 スーパー銭湯における撮影時、たまたまファンが利用していた。そこで見たのが、酒井独特の“粗い扱い”。純烈文化としてはお馴染みでも、それを知らないと独特な間合いに映る。

「こんなぞんざいな扱いでいいの!?」となるのだが、見ると酒井にイジられてもまったく嫌な顔をしておらず、むしろしあわせそうに喜んでいる。それによって山本は、純烈ならではのファンとの関係性を学んだ。

 また、カッコよさと可愛げが同居する白川の素顔も懐かしかった。背が高く、シュッとしている一方で時おり「抜けているところが出る」(山本)ギャップは、昔のままだと思えた。

 撮影の待ち時間中、誰よりもいろいろな人と会話し、スタッフに至るまで周囲を和ませ、ケアする小田井涼平はメイキングのカメラを回しても楽しませようとしてくる。それによって“あの純烈”とクルーの距離が縮まった。そして戦隊ヒーロー初チャレンジの中で後上翔太は……頑張っていた。

「後上君をヒーローにしたいという酒井君の狙いに応えようと、真面目に取り組んでいましたね。毎日毎日走っているイメージですね。というのも、後上君が走るシーンをいくつか撮って、それをどの場面に組み合わせるかっていうやり方だったんです。

 それで後上君の一日は朝の走りから始まっていた。朝イチでランニングすることによってテンションを上げるという。そういう姿を見て、4人のバランスをつかんでいきました」

 そんなスクリーンに映らないシーンを、山本は左目のみで見続けた。垢すり職人・康助は、右目にアイパッチを施しながらスーパー銭湯で働くというキャラクター設定だったからだ。

写真提供/東映ビデオ

―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー ~純烈物語」]―

【鈴木健.txt】
(すずきけん)――’66年、東京都葛飾区亀有出身。’88年9月~’09年9月までアルバイト時代から数え21年間、ベースボール・マガジン社に在籍し『週刊プロレス』編集次長及び同誌携帯サイト『週刊プロレスmobile』編集長を務める。退社後はフリー編集ライターとしてプロレスに限らず音楽、演劇、映画などで執筆。50団体以上のプロレス中継の実況・解説をする。酒井一圭とはマッスルのテレビ中継解説を務めたことから知り合い、マッスル休止後も出演舞台のレビューを執筆。今回のマッスル再開時にもコラムを寄稿している。Twitter@yaroutxt、facebook「Kensuzukitxt」 blog「KEN筆.txt」。著書『白と黒とハッピー~純烈物語』『純烈物語 20-21』が発売

関連リンク

  • 8/14 8:50
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます