オードリー若林正恭も涙!映画『フィールド・オブ・ドリームス』がMLB公式戦で実現し「映画超え」結末!

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(42)にとって、映画『フィールド・オブ・ドリームス』は思い出ぶかい作品だという。

「若林は小学4年生の時、父親に連れられて同作を見に行ったそうです。その際に、派手なプレーシーンがあるわけでもなく、つまらない映画だな、と思って終わったら、初めて父親が号泣しているのを見たそうです。で、その理由を聞くこともできず“大人って大変なんだなぁ”と思いながら帰った、という思い出を語っています」(女性誌記者)

 2016年に若林の父は世を去ったため、“亡き父との思い出の作品”となった『フィールド・オブ・ドリームス』。7月10日のニッポン放送系ラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』でも、若林は渡米してコメディアン修業中のピース・綾部祐二と同作について電話で語りあったことを明かした。アメリカ在住の綾部が、インスタグラムに同映画の聖地巡礼写真を投稿したことがきっかけだという。

 同作は、米国で1989年に公開された、野球を題材にした映画。アイオワ州の田舎に住む主人公が、不思議な声に従ってトウモロコシ畑を切り開いて球場を造ると、メジャーリーグの伝説の選手たちがよみがえるというストーリー。夢をテーマにしたこの作品は、米国はもちろん日本でも人気を博し、現在も多くのファンがいる。

 8月12日、その映画が現実のものとなった。映画の舞台であるアイオワ州タイアーズヒルのトウモロコシ畑の真ん中で、ホワイトソックス対ヤンキースのメジャーリーグ公式戦が開催されたのだ。

■映画を超える劇的な展開に

「映画には、ワールドシリーズの八百長が原因で、打率4割を記録しながら33歳の若さで球界を追放された伝説の選手“シューレス・ジョー”ことホワイトソックスのジョー・ジャクソンが登場します。その設定に合わせて、当時の雰囲気が楽しめる“レトロ”な観客席が仮設され、選手たちはジョーがプレーしていた1919年頃のデザインを復刻した特製ユニフォームを着用しました。

 試合のオープニングには、同映画の主演である俳優ケビン・コスナーがナレーションを務めて、両チームの選手がトウモロコシ畑から登場する映画さながらの演出も行われたんです」(ベースボール誌記者)

 そして試合も、映画に負けないドラマチックなものとなった。

「初回に、ホワイトソックスのホセ・アブレイユ(34)がトウモロコシ畑に飛び込む左越えの23号ソロを放ち先制したのを皮切りに、両チームが一発攻勢での競り合いに突入しました。そして、7-8のホワイトソックス劣勢で迎えた9回裏、同チームのティム・アンダーソン(28)がサヨナラ逆転2ラン本塁打を放ち、9-8でホワイトソックスが勝利しました。

 映画を象徴するトウモロコシ畑へ、両チーム合計8発の本塁打が飛びかった、まさに“夢の試合”というにふさわしい内容のゲームでしたね」(前同)

 大反響を呼んだこの特別試合は、すぐに日米のスポーツメディアでも取り上げられ、ネット上には多くのコメントが寄せられている。

 若林も、この“夢の試合”に涙していることだろう。

 

関連リンク

  • 8/14 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます