長友佑都が4度目のW杯出場に対する思いを激白!A代表の強さの秘訣も分析

拡大画像を見る

先々週に引き続き、サッカー日本代表の長友佑都が、8月14日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。来年に迫った2022年カタールW杯への思いを打ち明ける。

海外でプレーし続けて11年。時にはベンチにすら入れず、ケガに苦しむ時期もあった長友が、これまでどのように壁を乗り越えてきたかを告白。瞬時に脳を切り替えるポジティブマインドの秘訣や、衰えを知らない強靭な肉体の作り方を明かし、MCの勝村政信や元日本代表の福田正博らを驚かせる。

自身の成長のため、常に厳しい道を選んできたという長友。その原動力やモチベーションとなったのは、やはりW杯だった。これまで3度のW杯出場を果たしてきた長友だったが、2014年のブラジルW杯では大きな挫折を味わい、目標を見失ってしまう。そんな長友を救った新たな夢とは……。

そして、「今が一番、W杯に対する思いとか信念とか覚悟が強い」と話す長友の2022年に向けた取り組みも紹介。フィジカルをキープするために食べている食材や、サッカーの未来につながるための投資など、W杯を目指す上で必要なことは全てやるという長友の先進的な活動が明らかになる。

また、2008年から日本代表でプレーし、チームの変遷を見続けてきた長友が、現在のA代表についても口を開く。森保ジャパンが発足した3年前から数え、代表に呼ばれた選手は実に70人以上。その中でしのぎを削る若手選手たちに、ベテランとして伝えていることを長友本人が語る。さらに、A代表の強みや今後伸びると思う選手などにも言及。長友の熱い思いのこもったトークが繰り広げられる。

関連リンク

  • 8/14 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます