10連覇狙うバイエルン、ボルシアMGと開幕戦ドロー…新体制初勝利ならず

拡大画像を見る

 ブンデスリーガ開幕戦が13日に行われ、ボルシアMGとバイエルンが対戦した。

 ホームのボルシアMGは昨シーズン8位でフィニッシュ。昨シーズンまでライプツィヒを率いていたユリアン・ナーゲルスマン監督を迎えたバイエルンは、ブンデスリーガ10連覇を狙うものの、プレシーズンマッチ未勝利のまま開幕戦となった。

 試合は10分、ボルシアMGが先制する。右サイドからのスルーパスを受け取ったラース・シュティンドルは、前線でフリーになっていたアラサヌ・プレアに横パス。アラサヌ・プレアはGKとの1対1を制し、ボルシアMGが幸先よく先制した。

 追いつきたいバイエルンは42分、右コーナーキックを獲得する。キッカーを務めたジョシュア・キミッヒがクロスを供給すると、ロベルト・レヴァンドフスキが右足で合わせ、ゴール右に流し込んだ。バイエルンが前半のうちに同点に追いついた。

 前半を1-1の同点で終え、後半に入る。シュート本数はボルシアMGが11本、バイエルンは20本と上回ったものの、このまま試合は終了。ボルシアMG とバイエルンの開幕戦は1-1の引き分けで終わった。

 次節、ボルシアMGはレヴァークーゼンとアウェイで対戦し、バイエルンはケルンとホームで対戦する。

【スコア】
ボルシアMG 1-1 バイエルン

【得点者】
1-0 10分 アラサヌ・プレア(ボルシアMG)
1-1 42分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

関連リンク

  • 8/14 5:26
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます