「#家族募集します」3話、真実を伝える重岡大毅“俊平”に「愛が詰まってます」、岸井ゆきの“めいく”の歌にも感動の声

拡大画像を見る

「ジャニーズWEST」重岡大毅主演「#家族募集します」が8月13日放送開始。重岡さん演じる俊平が息子の陽に“真実を伝える”シーンに「愛が詰まってます」など多くの反応が寄せられるとともに、岸井ゆきの演じるめいくの“歌”にも感動の声が集まっている。

各々が悩みや秘密を抱える新米シングルファーザー&マザーたちが、共に過ごすなかで家族になっていく姿を描く新時代のホームドラマとなる本作。

3か月前に妻を事故で亡くし、5歳の息子・陽には母親が亡くなったことを言えずにいる赤城俊平を重岡さんが演じるほか、シングルマザーとして5歳となる娘・雫を育てているが、シングルであることを言い訳にしたくないという思いが強く、親にも誰にも頼らず自分一人で子育てを完璧にこなすと決めている桃田礼に木村文乃。俊平の学童時代の幼馴染で、住み込みで働いているお好み焼き屋「にじや」をシェアハウス化しようとする小山内蒼介に仲野太賀。シンガーソングライターになるためバイトを転々としながら、夢である音楽活動を続けている、6歳の息子・大地を育てるシングルマザーの横瀬めいくに岸井さん。

蒼介が働く古びたお好み焼き屋「にじや」の店主で、蒼介の申し出を受けて「#家族募集します」の受け入れ先として2階の空きフロアを提供してくれる野田銀治に石橋蓮司。1作目の絵本「みんなでわらおう」出版後、ヨーロッパでの取材中に不慮の事故で帰らぬ人となった俊平の妻、赤城みどりに山本美月。俊平の息子、赤城陽に佐藤遙灯。礼の娘、桃田雫に宮崎莉里沙。めいくの息子、横瀬大地に三浦綺羅。礼の後輩教師、中里隆志に金子大地。陽が通う保育園で働く保育士の佐山圭太に福山翔大といったキャストが出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

みどりが亡くなったという事実を、息子の陽に伝えることができず思い悩む俊平。会社でもそのことが頭から離れない俊平を心配した上司は相談に乗ると提案するが、俊平は「1人でなんとかします」と答える。そんな俊平の思いを汲み取ったにじやの面々は、お節介な蒼介を筆頭に、それぞれの方法で俊平に寄り添う。

そんななか他人の悩みには立ち入らないというスタンスを取ってきた礼が、「自分なりに調べました」と児童心理学の本や資料を俊平に差し出し、「どの資料にも、きちんと真実を伝えるべき、とありました」と、陽に対し本当の事を伝えるよう促す…というのが今回のストーリー。

そして俊平は陽をベランダに連れていき、号泣しながら「ママはね、もう帰ってこない。ママは、死んじゃった。もう会えない」とみどりの死を伝えると、「寂しいよな。パパも寂しい。寂しい時は一緒に泣こう」と陽を抱きしめる…。

この重岡さんの演技に「重岡くんがはるくんに真剣に向き合おうとする姿が本当にかっこよかった」「重岡さんの「父としての涙」と「夫としての涙」の演技が凄すぎました」「重岡くんの演技は本当に人間味というか、でっかい愛が詰まってます」「重岡くんの葛藤、涙は最高に自然でもらい泣きした」などの反応が寄せられる。

その後めいくは「みんな一緒に歌おう」と、自らが作った曲にみどりの絵本をベースにした歌詞をのせた歌を、俊平や陽たちとともに歌うのだが、こちらにも「歌詞のなかっためいくの歌が、まさかあんな形で伏線回収するとは…」「礼みたいに上手く読めないよって言ってためいくが、得意な歌にしてみどりの絵本を"よむ"の最高によかった」「みどりさんの絵本を歌にしてくれるめいくママ最高なんだけど」など感動の声が集まっている。

その後めいくは「みんな一緒に歌おう」と、自らが作った曲にみどりの絵本をベースにした歌詞をのせた歌を、俊平や陽たちとともに歌うのだが、こちらにも「歌詞のなかっためいくの歌が、まさかあんな形で伏線回収するとは…」「礼みたいに上手く読めないよって言ってためいくが、得意な歌にしてみどりの絵本を"よむ"の最高によかった」「みどりさんの絵本を歌にしてくれるめいくママ最高なんだけど」など感動の声が集まっている。



(笠緒)

関連リンク

  • 8/14 0:35
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます