【関屋記念】アンドラステ陣営「順調そのもの。距離短縮は歓迎」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 前走の中京記念で鮮やかに重賞初勝利を決めたアンドラステ。もともと期待度の高かった馬ですが、骨折してブランクも長かっただけにようやくの重賞勝ちということで陣営もかなりほっとしているようでした。

「勝ちっぷりも良かったし、好位のインでしっかり脚を溜めることができてキレイな競馬ができたと思います。すべてがうまくいったかんじでした」と片山助手。

 アンドラステは昨年も関屋記念に出走しているんですよね。昇級2戦目からのチャレンジで3着という結果でしたが、今年はまったくもって勢いが違います!今年は重賞連覇も狙えそうです!!

「この中間は在厩のまま調整してきましたが、順調そのものです。前走できっちり仕上がっていたので、今回はいい意味で維持ができている、というかんじです」

 距離は前走から1ハロン短いマイル戦ですが、そのあたりは?

「少し噛むところがあるから、むしろ距離短縮は歓迎ですよ」

 ようやく順調に競馬を使えるようになってきたアンドラステ。ここで賞金を積んでおけば、その次もかなり楽になります。引き続き、期待しています!

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 8/13 19:42
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます