洪水の中、浸水した車を押して危機から救った犬に「グッジョブ!」(スコットランド)

拡大画像を見る

スコットランド西部グラスゴー在住のローリ・ギリースさん(Lori Gillies、33)は今月8日、飼い犬でイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの“パック(Puck)”を連れていつものように散歩に出かけた。

しかしながらその日は雨が非常に強く、家の近くのハーリー・ストリートは冠水、通りの真ん中には女性2人が乗った車が立ち往生していた。車はタイヤの位置まで浸水しており、2人が助けを必要としているのは明らかだった。

そこでローリさんは、茶色く濁った水に膝上まで浸かりながら車の場所まで歩き、後ろから押してみることにした。

実はこの時の様子はデイヴィ・キールさん(Davie Keel)が道路沿いの建物と思われる場所から撮影しており、ローリさんとパックが車を救出する様子が捉えられていた。

動画では、ローリさんが車を後ろから押すもののビクともせず、運転席の隣に行ってハンドブレーキを下ろすよう大声をあげているのが見て取れる。

カメラを構えるデイヴィさんは「今、ハンドブレーキを下ろしたよ」「フォルクスワーゲンが動き出した」など救出の様子を実況中継しており、その視線が小さなパックに注目しているのがよく分かる。

デイヴィさんは「犬が車を押してるよ! 凄いぞ!」と言葉を発すると、「オオ…。イエス! ドッグ、カモン! グッジョブ!」と両足で車を押すパックを応援し、車がゆっくりと前進していることを伝えている。

こうして車が動き出して1分もするとパックは再び泳ぎだし、車は水没の危機を脱した。

なおデイヴィさんが撮影した動画は友人らを経て拡散、ローリさんはメディアのインタビューを受けてこのように語っている。

「あの近辺で、あんなすごい洪水を経験したのは初めてだったの。パックは最初は私の隣で泳いでいたけれど、私が動画を撮ろうと携帯電話を取り出すと車を押し出したのよ! ハンドブレーキを解除してからは、車を1、2度押しただけで前に進んでいったわ。」

「頑張ったパックにはあの日、グレイビーがかかった肉にビスケットを添えた特別な夕飯を用意したわ。パックはこの広い世界の中でも最高の犬なの!」

ちなみにこのニュースには「なんて賢い犬なの!」「実はこの犬は車を押しているのではなく、車の後ろに両足を載せて休んでいるのかも。どちらにしても可愛いわ」「押しているかいないかは別として、参加することが大切なのよ」「しっかり協力しているよ!」「こういうニュースこそ必要よ」「ほっこりしたわ」といったコメントがあがっている。

ちなみに賢い犬といえば先月、泣いている赤ちゃんに自分が大好きなおもちゃを口にくわえて持ってくるドーベルマン・ピンシャーの姿が捉えられた。その犬はまるで兄のように赤ちゃんを気遣うという。

画像は『NDTV.com 2021年8月11日付「Watch: Dog Helps Woman Push Car Out Of Flooded Road In Heartwarming Video」(Image: Supplied)』『Daily Record 2021年8月9日付「Incredible moment dog helps Scots woman push car out of flood water in Glasgow」(Image: Supplied)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 8/13 22:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • いち(

    8/14 1:01

    車に乗ってた二人はずっと車に乗ってたのね。

  • 脱走兵

    8/14 0:44

    ん~……。今回ばかりはあきひろさんに同意かな(笑)。かわいいけど(笑)。

  • あきひろ

    8/14 0:40

    犬邪魔してるだけだな。

記事の無断転載を禁じます