南国の島で近道を試みた男性 沼で見事に姿を消す 「異次元に足を踏み入れた」と爆笑の渦(モルディブ)

拡大画像を見る

英サマセット州在住のマーティン・ルイスさん(Martin Lewis、50)は、妻のレイチェルさん(Rachael)と一緒に自身の50歳の誕生日を記念し、モルディブの首都マレ南部に位置するフバーミュラ島を訪れていた。

マーティンさんは「レイチェルが島の反対側へ行くのに、『島を横切ってショートカットしよう』と提案したのです」と当時を振り返っており、2人は道なき道を進むことに決めた。

しばらくすると水溜まりの多い場所に差しかかったが、それでもショートカットは中断せず強行しようとしていた。マーティンさんは「靴やズボンの裾が濡れたりするのは予想していました。レイチェルは面白いことになりそうだと予感し、動画を撮影したのです」とのちに明かしている。

その動画を見てみると、大きな水溜まりの縁に立つマーティンさんが「どうやって向こう側に渡ろうか。見てよ、もうこんなにズボンが汚れてるよ」とぬかるんだ地面に足を取られながら話している。

マーティンさんと反対側の足場までの間には、歩幅を大きく超える水溜まりがある。助走をつけてジャンプするか、汚れを覚悟して水溜まりの中に一歩だけ足を踏み入れて渡るかの選択肢があったようだが、マーティンさんは後者を選んだ。

しかしこの選択が大きな後悔をもたらすことになるとは、レイチェルさんやマーティンさんもこの時はまだ知らなかった。

覚悟を決めればあとはサッと渡るだけ。マーティンさんは履いていたサンダルを脱いで手に持つと、目的地を真っすぐ見つめて足を踏み出した。しかしその直後、マーティンさんの体は一瞬にして泥水の中に吸い込まれるようにして消えてしまったのだ。

深さ数センチに見えたこの水溜まり、実はマーティンさんの背丈を超すほどの深さがあった。そんなことは全く予想していなかったマーティンさんは、頭の先まで完全に沈み切ってしまった。

水溜まりの深さが想像以上だったせいか、動画の中でマーティンさんは落ちてから水面に浮上するまで時間がかかっている。いったい水の中で何があったのか、真相を確かめるためにマーティンさんに取材を申し込んだところ、「多くのメディアから取材の依頼がきている」と明かしながらも丁寧な回答が返ってきた。

「水溜まりに落ちたときはショックを受けたし、その深さに相当驚いたよ。ケガは全くなかったけれど、水底の泥に足がはまってしまったんだ。水面に出る前に足を引っ張り出さなくてはならなかったので、なんとか冷静を保ってゆっくり足を引き抜いたよ。」

鮮やかな青色のキレイなシャツが、泥で見る影もなくなってしまったことに関して「シャツは台無しだよ」とマーティンさんは笑って答えており、浮上直後の泥だらけになっている自身の写真を提供してくれた。

近くで撮影していたレイチェルさんは夫の身を案じると思いきや、頭まで泥水に浸かったマーティンさんのことを大笑いしている。「レイチェルは家に帰るまでずっと笑っていたよ。私はよく彼女を笑わせるようなことをしているので、彼女は面白い状況には慣れているんだ」とマーティンさんは明かした。

その後、着替えるためにバイクで宿泊施設に戻ったそうだが、その間マーティンさんは「今は話しかけないでくれ」としばらくショックを引きずっていたという。

マーティンさんがこの動画を自身のTikTokアカウントに投稿すると、再生回数は3100万回以上、「いいね」に関しては500万件を超える反響が寄せられ、コメント欄には以下のように冗談を交えて大笑いする声が殺到した。

「水溜まりの中から違う人が出てきたのかと思った」
「あのシャツは絶対新品だったはず」
「水面に出てくるまでは不安になっちゃったけど、その後は爆笑させてもらったよ」
「多分ナルニアまで行って帰ってきたのだろう」
「彼は異次元に足を踏み入れてしまったみたいだね」

ちなみに現在20万人以上のフォロワーを抱えるマーティンさんがTikTokを始めたのは、昨年4月のことだという。ユニークな動画を多数投稿するマーティンさんだが、「娘と一緒に映っている動画がお気に入りだよ」と娘を溺愛する父親としての一面を見せた。

この投稿をInstagramで見る

The3Dumbbells(@the3dumbbellz)がシェアした投稿

画像1枚目は『The 3 Dumbbells 2021年7月21日付TikTok「Follow me she said, I know a muddy shortcut」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 8/13 21:02
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます