『サンダーバード55/GOGO』カウントダウン特報解禁 構成は樋口真嗣が担当

 特撮人形劇『サンダーバード』の日本放送開始55周年を祝して公開される映画『サンダーバード55/GOGO』の構成を樋口真嗣が担当することが決定。併せて、オリジナル版オープニングの「5! 4! 3! 2! 1!」のカウントダウンが新たな映像と共によみがえる特報が解禁された。

 英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして特撮人形劇の最高傑作と名高い『サンダーバード』。テレビシリーズは1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送開始、劇場用長編版も2本製作されたほか、2004年には実写版リメイク、2015年には新たにCGアニメーションが制作された。

 人形の独特の動きやユニークな近未来的メカデザイン、人形劇とは思えないダイナミックな特撮描写はテレビ界の常識を塗り替えたとも言われ、日本でも今日に至るまで数々の特撮、ロボット・SFアニメ作品に多大なる影響を与えた。

 日本放送開始55周年を祝して発足した「サンダーバード55周年プロジェクト」の目玉企画として公開される本作は、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版となる。

 これら3話のエピソードは、当時ラジオドラマとして書かれた脚本を元に、初めて映像化されたもの。オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影され、完全新作としてよみがえった。

 3話を1本化するにあたり、配給サイドより『サンダーバード』の大ファンである『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』の監督を務めた樋口へ構成をオファー。3話のエピソードをそのままに、世界初の“1本の劇場映画”『サンダーバード55/GOGO』として完成する。

 樋口は「何年か前に酒場で酔って見た記憶がありました。サンダーバードの未発表のオリジナル音源が見つかって、オリジナルの操り人形(マリオネット)を使い、かつてのスタッフが集まって映像化--。まるで夢のような出来事でしたが、あれは夢ではなかったのです。ノーCGのスーパーマリオネーションの復活なのです!」とコメント。

 続けて、「もっと愛が深い“サンダーバー道”の大先輩たちを差し置いてワタシ如き若造が、まことに僭越ではございますが、ゼロエックス、スカイシップ1に続く劇場公開を目指して鋭意出動準備中(standby for Action!)であります」と意気込みを語った。

 映画『サンダーバード55/GOGO』は、2022年、劇場上映、デジタル配信開始。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/13 8:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます