【デカ盛り】珈琲屋OBの「クリームソーダパフェ」の量が尋常じゃない! これで税込990円はおかしいだろ!!

拡大画像を見る

みんな、クリームソーダは好きだよな? きっとパフェも好きだよな? その2つが合体したトンデモねえ量のスイーツが存在するのを知ってるか?

「珈琲屋OB」には2つを掛け合わせた「くりーむそーだパフェ」というメニューがあってだな、その量がスゴイんだよ! しかも1000円でお釣りがくる税込990円というお手頃価格だ。

とりあえず写真を見てもらえればわかる。スイーツ好きを自負する人でも実物を見ればホンゲエエエ! というに違いない。これだ……。

お分かり頂けるだろうか? その高さはiPhoneSE2(13.8センチ)の約3倍。単純計算で全高40センチオーバーだ。

上部にはフルーツにアイスクリーム・ホイップクリーム。そしてコーンが逆さまに乗っかっている。まるで可愛らしいピエロのように見える。だが、その愛らしさとは裏腹にデカい!

そして中央にはホイップクリームがぎっしり。一般的なクリームソーダはアイスを使っているが、この量でアイスを詰めたらソーダがあふれ返ってしまうだろう。ホイップをソーダの噴きこぼれを防ぐ緩衝材として使っている訳だ。

そして最下部にはメロンソーダ、推定1リットルはあるだろうか。氷が詰まっている様子はない。すなわち液体で満たされている。これを飲み切らねば……。

それにしてもこの容器……まるで花瓶じゃないか!

花瓶に見えるが、おそらくカラフェ(水差し)。カラフェでクリームソーダを作るだけでもヤバイのに、さらに増築してパフェにするとかトンでもねえぞコレ!! まるでクリームソーダのブルジュ・ハリファ(ドバイタワー)や〜っ!

・上部攻略

スケールのデカさを楽しんだところで食べるとしよう。まずはピエロを頭ごと引っこ抜いて食べようか……。

あ…、頭がもげた……。すまないピエロよ。

この調子で食べるのに苦戦した。とにかくどこから手を着けるべきか迷ってしまう。長い先割れスプーンを駆使して崩さないように注意しながら、なんとか上部を攻略できた。

上物を全部片づけてやっと中盤のホイップクリームゾーンに到達。

そこで気になったのが「2本の棒」だ。1本はストローでもう1本はというと……。

これもスプーン!

容器が深すぎるため予備に超長いスプーンがそえられていたのだ。そりゃそうだよね、下の方にフルーツが沈んだら救出不可能になっちゃうもんなあ。

・メロンソーダが減らねえ!

ホイップクリームゾーンを脱して、ここからはひたすら飲む! メロンソーダを飲む! 飲んでも飲んでも全然減らねえええええ!

やべえ、腹がパンパンになってきた。炭酸だから量を飲むのはキツイなあ。

約30分の格闘の末にようやく完食。もう当分クリームソーダはいらないな……。

・ほかのモノも量が多い

ちなみに「くりーむそーだパフェ」を食べ切る(飲み切る)自信がない人は、入門編的な「ちょこれーとパフェ」「まっちゃパフェ」(各税込880円)から挑むと良いかもしれないぞ。

なお、このお店では普通の飲み物を頼む時も用心が必要だ。というのも私が2014年に訪問した時、あいすてぃ(アイスティ)(税込638円)を注文したら金魚鉢みたいなサイズのヤツが出てきたからだ。現在は容器の形が変わったが、サイズ感は変わっていないそうだ。

なにを頼むにしても念のために量を尋ねた方が良さそうだな。とにかく暑い日が続くのでこまめな水分補給を心がけて、熱中症に注意して頂きたい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 珈琲屋OB 保木間店
住所 東京都 足立区 西保木間2-9-12
時間 9:00~20:00(L.O.19:30)
定休日 不定休

参考リンク:珈琲屋OB
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

関連リンク

  • 8/13 12:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます