『推しの王子様』“光井”ディーン・フジオカ&“航”渡邊圭祐のW壁ドンに視聴者衝撃「壁ドン祭」「卒倒しそう」

 女優の比嘉愛未が主演し、俳優の渡邊圭祐が共演するドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第5話が12日に放送。泉美(比嘉)が光井(ディーン・フジオカ)と航(渡邊)2人からされる“壁ドン”シーンに視聴者からは「卒倒しそう」などの声が寄せられ、反響を集めている。

 杏奈(白石聖)と飲みに行った帰り道、ずっと好きだったのだと告白された航。好きという気持ちがわからない航は、杏奈からの告白に戸惑っていた。

 一方、泉美も光井と飲みに行くことに。航に“好き”という気持ちをどう教えればいいか悩んでいた泉美は、光井だったらどう教えるかと相談を持ちかける。

 泉美に密かに片想いをしている光井は、映画の中の言葉を引用するなどして、泉美の背中を押す。そしてその帰り道、光井は前を歩いていた泉美を「泉美ちゃん」と呼び止め、泉美の肩を押して“壁ドン”。泉美を見つめるが、泉美は顔をしかめ「アゴの角度が違う。手の位置はここ。これがケント様。わかった?」と指摘し、真剣に受け取らない。

 ある日、航は有栖川(瀬戸利樹)の誘いで“好き”を学ぶために遊園地へ行くことになるが、約束していた日にトラブルがあり、有栖川が行けなくなってしまう。困った航は泉美を誘い、2人で遊園地へ足を運ぶ。

 ジェットコースターに乗ったり、メリーゴーランドに乗ったり、写真を撮ったり、素直に楽しむ2人。その中で航は人にぶつかってよろけ、泉美に“壁ドン”する姿勢になってしまう。2人は思わず数秒間無言で見つめ合った後、泉美は航の肩を押し「すごい、今のめっちゃかっこよかったよ。角度とか手の位置とか完璧。ケント様じゃん、さすが!」としどろもどろになりながら伝えるのだった。

 光井と航の“W壁ドン”に視聴者からは「壁ドン祭」「壁ドン対決やばすぎた」「卒倒しそう」「2度おいしい」「ドキドキする」などの反響が続出。また、泉美の光井と航への反応の違いにも「おディーン様からの壁ドンにダメだしが入るなんて」「ミッチーの壁ドンをあんなに華麗にかわすとは…」「反応の差が…」「ミッチー推しだから切ねえ」などの声が相次ぎ、話題を集めている。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/13 12:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます