200万人のフォロワーを持つ14歳インフルエンサーの母親、「自分を見失って欲しくない」とアカウントを削除(ブラジル)

拡大画像を見る

ブラジルのサンパウロ在住で“ニーナ・リオス(Nina Rios)”の名で知られる14歳のインフルエンサーのInstagramとTikTokが最近になって突然削除され、彼女の200万人のフォロワーが困惑したという。ニーナさんは実名をヴァレンティナ(Valentina)といい、どうやらヴァレンティナさんの母親フェルナンダ・ロカ・カナーさん(Fernanda Rocha Kanner)が娘のSNSアカウントを削除してしまったようだ。

そのためフェルナンダさんのSNSにはヴァレンティナさんのフォロワーから多くの問い合わせが届き、これに注目した地元のテレビ局がフェルナンダさんにインタビューした。フェルナンダさんはニュース番組の中でヴァレンティナさんのSNSアカウントを削除した理由についてこのように語っている。

「10代の若者がネット上の意見に基づいて自分探しをすることは健全ではないと思ったんです。10代で自分のアイデンティティーを見つけることは大変なことだと思いますが、一度も会ったことのない200万人ほどの人間が自分のことを分かってくれていると思い込んでしまう方が本当に危険です。自分を見失うことだってあるんですよ。」

「娘のアカウントにログインすると30枚ほどの同じような自撮り写真や誰でもできるようなダンス動画が投稿されていました。(アカウントの削除は)やりすぎと思いましたが必要なことです。娘に自分がこのキャラクターだと思い込んだまま育って欲しくなかったんです。」

「娘が『いいね!』をもらうために、中国製のポリエステルの燃えやすい服を売り込むようなことはして欲しくないし、私の聡明な娘が訓練されたサルのように毎日ダンスをするなんて、そんなことはあってはならないと思いました。こんなことが名声だとみなされるなんて本当に悲しい世代だと言えます。」

フェルナンダさんのこの決断には他の母親から称賛される一方で、10代の多くの若者からは「干渉しすぎ」との声があがったという。一方のヴァレンティナさんは番組の中で「はっきり言って面白くありませんでした。かなり腹が立ちました」と語っている。

しかしながら当初は怒りでいっぱいだったヴァレンティナさんは、今のところSNSのない生活を続けていくことも考えているそうだ。

画像は『Fernanda Rocha Kanner 2020年12月1日付Instagram「Happy 14 minha sagitariana linda e leve que nos traz tanta alegria.」、2021年3月29日付Instagram「Acreditem nas suas tias avós.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 8/13 10:26
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • 母親の気持ちわからないでもない。このままだと本当にやりたい事見つけられなそうだからね。娘も薄々わかっていたのだろう。

  • 何書いたら増えるんだろな?(。_。)φ

  • ソフィア

    8/13 16:42

    娘が彼氏連れてきたら追い出すタイプの親

記事の無断転載を禁じます