鷲見玲奈、写真集が「まさかの酷評」で「ファンに高評価レビューを懇願」!?

拡大画像を見る

 8月4日、写真集「すみにおけない」を発表したフリーアナウンサーの鷲見玲奈。

「ファースト&ラスト写真集」と銘打たれた彼女にとって“一生に一度”となる今回の写真集を巡り、発売日に自身のインスタグラムを更新して、〈元々水着は無い予定でしたが、担当編集の方の熱量に負けて、脱ぎました〉と急きょ、水着カットが収められたことを明かしている。

 ファンに大きな期待を抱かせて発売された同写真集だが、フタを開けてみれば意外な結果に─。

「通販サイトでは写真集の内容に不満を抱いた『低評価レビュー』が殺到しているんです」と語るのは芸能関係者だ。不満の理由は「出し惜しみ」だという。

「水着を披露しているといっても、上にダボダボのカーディガンのようなものを着ていて、ボディラインすらわからない。Amazonのレビューでは『詐欺商法』といった極めて辛辣な表現もなされています」(前出・芸能関係者)

 こうした声に鷲見はみずからのツイッターで反論。

〈(アンダーウエアや)水着!!!! という方は、多分目的が違うので買わない方がいいと思います笑〉と“オトコ目線”の批判に釘を差した(現在は削除済み)。

 もっとも前出の芸能関係者は「彼女も本心では低評価レビューを相当気に病んでいるようですよ」と、前置きして、こう明かす。

「ファン向けに提供している有料メッセージアプリで『Amazonレビューみて凹む』『悲しくなるくらい酷い』とボヤいているんです」

 さらには「高評価レビュー依頼」まで。

「写真集を購入したファンにAmazonでのレビューを促しつつ『辛辣レビュー悲しいから助けてー』と『高評価レビュー』を懇願している。逐一、ネット上の評判をチェックしているようです」(前出・芸能関係者)

 もはやサービス満点のセカンド写真集を出すしかないかも。

(山倉卓)

関連リンク

  • 8/13 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます