斎藤工“ヘミングウェイ”、さらなる死の連鎖を予告!

拡大画像を見る

斎藤工が主演を務める金曜ナイトドラマ『漂着者』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)の第3話が、8月13日23時45分から放送される。

とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まるこの物語。記憶がなく、自分が何者かもわからない謎の漂着者・ヘミングウェイ(斎藤)が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々から崇められる存在になっていく。

秋元康が本作の企画・原作を担当し、白石麻衣、野間口徹、戸塚純貴、橋本じゅん、岩谷健司、リリー・フランキー、船越英一郎、生瀬勝久が出演する。

前回放送された第2話では、ヘミングウェイが新聞記者の新谷詠美(白石)をバックハグしたシーンが話題に。「こんなにも絵になるのか」「ほんとに羨ましい」「めっちゃ美しい」とネット上で反響が寄せられた。

<第3話あらすじ>
ヘミングウェイ(斎藤)の担当医・国原栄一(船越)の遺体が見つかった。不可解なことに彼も入院中に不審死を遂げた大学教授・後宮徳次郎(越村公一)同様、胸の前で腕をクロスさせていた。そのうえ、目・口・耳を糸で縫われているという姿で……。
 
NPO法人「しあわせの鐘の家」の施設を訪れた新聞記者・新谷詠美(白石)は、電話で国原死亡の知らせを受ける。すると、驚くことにヘミングウェイはすでにそのことを知っていた。ヘミングウェイによると、国原は彼に何かを伝えるため、今朝施設に来る予定だったという。なぜいつまで経っても現れない国原に連絡しなかったのかと詰め寄る詠美に、ヘミングウェイは「霊安室に横たわる姿が見えたから」と静かに告げる。「死が連鎖している。まだ何人も死にますよ」という不穏な言葉とともに……。
 
一方、新潟県警の捜査本部では、ヘミングウェイが入院していた病院で猟奇的な不審死が続いていることに色めき立っていた。刑事・柴田俊哉(生瀬)は、ヘミングウェイを重要参考人として呼び出そうと息巻くのだが……?

そんな中、失踪事件でヘミングウェイの不思議な予知能力によって救われた女児・松園遥香(鈴木結和)が通う幼稚園では、彼を招いて感謝の気持ちを伝えるイベントが催される。お礼の気持ちを伝えるためにピアノを演奏した遥香が、彼にも弾き方を教えようとすると、ヘミングウェイが突然、ピアニストのような手つきで美しい音色を奏で始める。すると、その曲を聴いていた詠美の目から涙があふれて……?

動揺を隠せないまま新聞社に戻った詠美は、社会部のキャップ・橋太(橋本)から、日本一の有名人になったにも関わらず、いまだに身元が判明しないヘミングウェイの正体をスクープするよう発破を掛けられる。すると、そんな詠美に後宮の研究内容を知る准教授・古郡(森準人)から電話が……。後宮の死の真相がわかるかもしれないと考えた詠美は、古郡に会うため、新聞社を飛び出す。

しかしその頃、裏では新たな事件が発生していて……⁉

関連リンク

  • 8/13 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます