あの子だ。彼からの返信に抱いた、違和感の正体【LINE事件簿 #122/同棲攻防戦6】

どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「同棲攻防戦」をみなさんにご紹介します。

「同棲攻防戦」その6


付き合っている和樹くん(仮名・24歳)とそろそろ同棲をしたいと思っている里帆さん(仮名・25歳)ですが、彼の部屋に転がり込んだ妹の真樹ちゃん(仮名・22歳)の存在がそれを阻んでいます。

そんなある日、酔った和樹くんから「みんな、僕にばっかり言いたいこと言って!うっせーわ!」というようなLINEを受け取った里帆さん。

ビックリして返信をしましたが既読にもならず、音信不通の状態が続きました。

そして、丸1日が経過した頃、やっと返信が来て「じつは携帯を飲んだ店に忘れて……」などと事情を説明し「ゴメン!」と謝罪してくれたそうです。

しかし、里帆さんは「これ、彼じゃないかも?」というのです。それはいったい、どういうことでしょう?



「やっぱり、これ、和樹じゃありません」と里帆さん。

「口調っていうか、文体が違うんです。男らしすぎるんです。それに、私のことは『里帆ちゃん』って呼びます。呼び捨てにはしないかな?」

なるほど~。普段やり取りをしているからこそ気づくところなんでしょうね。

「でも正直、こんな男っぽい和樹も悪くないかなって、思っちゃいました」と、ちょっと楽しんでいる感じの里帆さん。しかし、だとするとこれは誰なのでしょう?

「詳しい理由は分かりませんが、たぶん妹の真樹ちゃんですね」そういって里帆さんはほほ笑みました。

次回のLINE事件簿もお楽しみに。

(LINE探偵)
※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/12 14:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます