楊宇騰YU、“逆輸入”日本進出に反響「ワクワクが止まらない」 目標は菅田将暉、佐藤健

【モデルプレス=2021/08/12】台湾で俳優・歌手として活動する楊宇騰YU(読み:ヤン・ユータン・ユー)が株式会社アミューズと専属契約を結び、YU(読み:ユー)として日本での活動を開始することを12日に発表。同日、自身の公式Instagramで生配信を行い、日本のファンにメッセージを送った。

愛知県出身のYUは日本人の父と台湾出身の母を持ち、大学進学を機に台湾へ移住。2021年放送のドラマ「We Best Love 永遠の1位」「We Best Love 2位の反撃」にて、ジョウ・シューイー(周書逸)役を演じ、初主演でドラマデビュー。2020年8月にリリースしたミニアルバムが台湾大手の通販サイト・博客來CDリリース1位を獲得するなど歌手としても人気を博している。

デビュー1周年を迎えたこの日、YUの日本活動開始は「金城武、DEAN FUJIOKAに続く“逆輸入グローバルスター”」として大きく報じられた。生配信でYUは「僕自身もすごくビックリしています。こんなに大きく取り扱っていただいて…朝起きた時にめちゃくちゃビックリしました(笑)」と率直な心境を告白。「アミューズさんとお仕事させていただくということで、ワクワクが止まらないです。日本で皆さんにお会いできるのをとても楽しみにしています」「味わったことのない感覚で、僕が今まで生きてきた中で特別な日になりました」とはにかんだ。

また「日本の皆さんに聞きたいのは…どんな僕が見てみたいですか?」と甘い声で語りかける一幕も。「日本語の曲が聞きたい」「恋愛ドラマに出てほしい」などのコメントが寄せられるとYUは「アクションものも撮ってみたいですね。期待していることの一つです」と語った。

共演したい俳優については「菅田将暉さん、佐藤健さん。目標にしている人でもあるので、考えるだけで緊張しますが(共演)できたらいいな」と話した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/12 21:43
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます