終わりは唐突に...【告白する前】に散ってしまった恋 4 選

拡大画像を見る

恋の終わりはフラれることだけではありません。告白すらすることなく終わってしまう恋というものもあるのです。気持ちの行き場を無くしてしまった恋愛が忘れられないという女性もいますよね。
世の中の女性はどんな時に、恋に終止符を打つことになってしまうのでしょうか?そこで、告白する前に散ってしまった恋について紹介します。今後の恋愛の参考にしてみてください。


薬指の指輪を見た

気になっている男性の薬指に指輪がハマっているのを見て、失恋した女性は多いです。既婚者だということをいらずに恋心を募らせていった結果、事実を目の当たりにしてしまいます。
仕事の時には邪魔になるから指輪を外しているという男性は多いです。会社の飲み会で初めて指輪をしている姿を見るということもあるでしょう。気持ちの切り替えが上手くできず、未練が残ることもあります。


恋の相談役になった

気になる人と仲良くなろうと頑張った結果、恋の相談役になってしまう女性もいます。別の女性との恋愛について相談されるようになってしまい、アドバイザーとしてそばにいることになります。
恋の相談をされるたびに、自分が彼の恋愛対象外だという事実を突きつけられることになります。そばにいることはできるけれど、仲の良い友達ポジションになってしまうのです。


彼女との写真がアップされていた

好きな彼の SNS を探した結果、彼女との写真を見つけてしまったという女性もいます。過去の投稿であれば元カノかもしれないと思えますが、最新の投稿なので今カノが濃厚になります。
女友達かもしれないと考えたとしても、写真での距離の近さや投稿頻度によって彼女だということが分かることもあるでしょう。思わぬところで失恋が確定してしまうのです。


友達と付き合った

グループで彼と遊んでいるうちに、自分の友達と付き合ってしまったという女性もいます。友達に恋心を言わなかった結果、友達とくっついてしまうのです。
友達なので彼氏ができたことを祝福せざるを得ません。自分の気持ちをいまさら伝えたところで揉める原因となってしまいます。自分の中だけにそっとしまっておくことになります。


そんなこともある!

告白しないまま恋を諦めるときは、気持ちの区切りを付けるのが難しいと感じることもあるでしょう。彼への気持ちごと、彼のことを忘れてしまうのもよいですよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/12 19:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます